katonobo’s blog

プログラミング✖️暗号通貨✖️創作✖️思いつくこと徒然

本を読むようになるきっかけ

本好きってどこから本が好きになるのだろうか。

小さい頃は絵本を読んだり、漫画を読んだり、学校の教室の後ろの棚に置かれた、文字が大きな冒険物語を読んだりと何かしら本に触れることはあったと思う。

けどそれはやはり触れただけであって、そこまで自ら求めて本を読むところまでは到達していないのだと思う。だとすると、自分から本を求めるようになる時っていつなんだろう?

 

高校時代、クラスメイトの一人にずっと本を読んでいる男の子がいた。彼はスキあらば本を手に持って、しおりのページを開いた。そして、おそらく彼にとってはそれほど大事ではない現実のせいで中断していた物語の世界に潜り込んでいた。彼はどうして読書にハマったんだろう、聞けばよかった。今は連絡先もわからない。

 

僕もある程度は小さい頃から本は読んでいたが、本を求めるようになった一番のきっかけは実はしっかり覚えている。

 

それは高校3年生の秋頃だった。僕は大学の受験勉強をしていた。この時期になると学校はある程度受験生に寛容になり、授業は自習なども増えていた。その時に僕はもう受験勉強にかなり飽きてきていたので、ふとある時授業を抜け出してどこか行こうと思った。そして向かったのが学校の図書館だった。なんとなく受験の教科書以外の文章を読みたいなと思って、ふらりと図書館に入った。

そこにはなぜか何人か生徒がおり、本を読んでいた。おそらく彼らもサボりに来たのだろう。図書館の司書さん?らしき人も僕に対して全く気にしている感じはない。

そこでなんとかなく聞き覚えのある本で、安部公房の「砂の女」を手に取って読んでみた。それが衝撃だった。設定が全くわけわからないけど、なんか毒々しいけど官能的な感じがして、一気に読んだ。そこから安部公房は何冊か読んだ。

受験勉強が終わり、無事大学に入学した後は、よく図書館で純文学を読んだ。幸い、大学の授業で日本純文学の授業があり、それを取ったので、そこで紹介される本をどんどん読めば良かった。その後は本好きな友達もできて、読んだ本について話せるのが楽しかった。他人から見たらめんどくさい学生だっただろうけど、この数年間が、僕の本好きになったコアな時間だったと思う。

 

他の人にも聞いてみたいなと思う。