読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katonobo’s blog

創作、プログラミング、思いつくこと徒然

コメダロード

僕はコメダ珈琲店によく行くんですが、自分みたいに本読んだり、パソコンしたい人間には結構居心地いいです。そこで今回は、コメダに興味を持ってる人向けに、コメダのイロハを書きたいと思います。

 

コメダ珈琲は超期滞在型のコーヒー店

 

コメダは、他のチェーンの珈琲店に比べ、長時間いても大丈夫のように設計されています。ゆとりのある席、雑誌や新聞が置かれてたりなど、顧客は各々のくつろぎ方ができます。顧客層も、ファミリー、老夫婦、パソコンで作業するサラリーマンなど様々です。

 

時間によっては席が埋まってしまう

 

みんな結構長い時間いるため、席が埋まりやすく、空きにくいと感じます。いったん席が埋まると、結構待つことがあります。けど、みんな結構平気で待ってるんですよね。時間にゆとりがあるんでしょう。

 

軽食がでかい

 

珈琲はいいとして、食事のメニューも結構あります。サンドイッチやハンバーガーなど、珈琲のセットの軽食として良さそうです。ちょっと小腹がすいたし、サンドイッチでも頼もうかなと思うかもしれません。

実は、これは罠(?)です。

なぜなら、サンドイッチもハンバーガーも結構でかいです。つまりボリュームがあります。サンドイッチはもともとサンドイッチ伯爵が、ポーカーの最中に片手で食べるために開発したなんて話だけど、コメダのサンドイッチは片手で食えません。具が落ちちゃいます。両手を使いましょう。二人で食べてもいいくらいです。お腹をすかして頼みましょう。

 

シロノワール通過儀礼

 

言わずと知れたシロノワール。甘いパンの上にアイスが乗っているという代物。コメダと付き合っていくなら、避けては通れません。一度頼みましょう。脳が震えるほど甘いです。けど美味しい。

そしてこれもでかい。最初は小さいサイズでいいとおもいます。

 

結局、何か作業したい時に行くのが良い

 

全然参考にならない感じでしたが、何か作業や宿題をしないといけないけど家ではやる気しない時に、コメダが空いてる時間を狙って行くのが良いと思います。

 

なんだかんだ窮屈なコーヒーチェーン店より、作業が進みます。おすすめです。