katonobo’s blog

プログラミング✖️暗号通貨✖️創作✖️思いつくこと徒然

「はじめてのブロックチェーンアプリケーション」で勉強を始めてみた。

世間はお盆ですね。こういった大型連休の時、暗号通貨の価格が上昇するのは何なんでしょうね。今年のGWを皮切りに、ここもと仮想通貨は大盛り上がりです。

僕はといえば、プログラミングの勉強を今年から始めてとても楽しいプログラミングライフ(?)を送ってます。

変化といえばこの前、少し驚いたことがありました。

スマートフォンアプリ作ってたのですが、その途中経過を一緒に作ってる友人に送ろうと動画を撮ったんですが、みてみたらその動画に変な声が入ってるんです。何いってるかわからないんですが、確かに人の声なんです。ってゆうか僕の声でした。あれですね、プログラミングしているとなんか独り言とか増えますね。しかも気づかないうちにってのがリアルホラーですね。

 

さて、仮想通貨、持ってるだけでも時代の先端って感じでカッコいいんですが、せっかくプログラミングを始めたんだから、がっつり勉強してやろうとこの度思い立ちました。そしてこの本を買いました。

 

 

ビットコインって何?ブロックチェーンで何?って人向けの本ではありません。これは、知るための本でなく開発するための本です。

もし、ビットコインが何か、ブロックチェーンが何かを知りたい方は、以下の本をオススメします。

 

この二つを読んでおけば、ブロックチェーンすげー!ビットコインすげー!みたいな感じでオールオッケーです。二つ目の「ブロックチェーン・レボリューション」は、どんな風にブロックチェーンが我々の世界に浸透するかをいくつかの具体例をあげているので、さらっと読むだけでかなりイメージつくと思います。

 

話を戻しましょう。「はじめてのブロックチェーンアプリケーション」では、暗号通貨業界の二雄の一角である、イーサリアムを使い、スマートコントラクト開発をしちゃおうじゃないかという本です。

 

今日は、MacでGethのインストールまで、備忘録として。

本書では、本文ではUbuntuでのインストール方法が記載されており、Macでのインストールは、Appendix(付録)に載ってます。

二つ方法が記載されていますが、「Homebrew」でインストールする方が楽です。

Homebrewは、以下でダウンロードできます。brew.sh

僕のイメージでいうと、すげー簡単に色々インストールできちゃう魔法の呪文って感じです。アイコンのビールがイカしてます。

さて、あとは付録通りですが、ターミナルを起動し

$ brew tap ethereum/ethereum

と入力。結構時間かかります。その後インストールできたら、 

$ brew install ethereum

 でオッケーです。ちょっとびっくりしたのは、「$ brew install ethereum」でインストールしていたら、途中で

You are in 'detached HEAD' state. You can look around, make experimental

changes and commit them, and you can discard any commits you make in this

state without impacting any branches by performing another checkout.

 て出てきてしばらくそのままだったんですね。どうすればいいんだろうと色々調べていたら、勝手に進みました。変なことしなくてよかった。

さて、これでGethの準備ができました。