katonobo’s blog

プログラミング✖️暗号通貨✖️創作✖️思いつくこと徒然

エアードロップで腹は満たせるのか?

こんにちは。久しぶりの投稿です。

季節は秋。紅葉が綺麗な季節。みなさまいかがお過ごしでしょうか?僕はというと、あいも変わらずプログラミングと仮想通貨に夢中です。

 

さて、今回も仮想通貨ネタなんですが、実は私、今エアードロップというものにハマっています。エアードロップは英語で「 Airdrop」と書きます。辞書で調べると「空中投下」と訳すようです。

みなさん想像してみてください。エアードロップで空から何かが落ちてくる。そしてそれが、もしかしたらお金だったら…。そりゃエアードロップするでしょう!

 

【PR】

 

 

 

1.エアードロップとは、トークンの無料配布のことです。

 

これだけ聞くと怪しさ満点ですが、エアードロップは、どこかの開発チームが仮想通貨(トークン)を発行して、それを宣伝のために一部無料で配布するということを指します。

例えば、どこかの開発者が、独自の通貨を発行しても、みんなが知らなかったり、誰も持っていなかったらその通貨に価値はつきません。しかし開発している途中のサービスだったりしたら、その通貨に値段をつけて売ることは難しいでしょう。

そこで、エアードロップで通貨の一部をばらまくことで、その受け取った人に通貨宣伝をしてもらったり、応援してもらったりするのです。無料でもらった側は、その通貨の値段をあげたいので、開発者に変わって宣伝してくたり、ファンとなってくれます。これによってその通貨の値段が上がれば、開発者も売ることができます。つまりウィンウィンな関係になるのです。

 

2.海外ではエアードロップが非常に盛んです。

 

最近では、通貨を発行して資金を調達するICOが不調です。どこかの取引所に上場しても、公募の値段を割ってしまうことが増えてきました。こうなると、もともと長期で持つ気がない購入者の不満は爆発します。やれ開発はどこまで進んだのか?どうやって価格をあげるのか?など、株主みたいにウルサイです。こうなると、ICOも色々面倒です。

その点、エアードロップはもともとタダなので、通貨の保有者はそこまでうるさくありません。開発者もプロジェクトを成功させないと自分たちの利益が得られないので頑張ります。ICOと比べてフェアな印象です。

3.エアードロップ情報は「Bitcointalk」へ

エアードロップ情報は、海外のサイトである「bitcointalk」で入手できます。ここは、仮想通貨の様々な情報が載っています。掲示板ですね。

bitcointalk.org

英語なのでちょっと注意が要りますが、そこはGOOGLE翻訳で乗り切りましょう。

 

(こんな感じのサイトです)

f:id:katonobo:20171105192115p:plain

 

4. サイト登録、ツイッターとテレグラムのアカウントは必須

では、実際にやってみましょう。

まず、bitcointalkに登録しましょう。次に、エアードロップを開催中のコインを探します。トップページを少し下にスクロールすると「Announcements (Altcoins)」という項目がありますのでそこをクリック。すると色々なコイン情報が出てきます。その中で、「Airdrop」の文字を探します。いくつかあると思いますので、その中から良さそうなプロジェクトに申し込んでみてください。ちなみに、ここに載ってるからといって全てがしっかりしたものではありません。むしろ大部分が怪しいと思ってかかった方がいいでしょう。怪しいことを記入させるようなプロジェクトは参加しない方が無難でしょう。

ちなみに、参加条件に、ツイッターアカウントのフォローや固定ツイートのリツイート、テレグラムの参加を求めるプロジェクトが大多数のため、ツイッターとテレグラムのアカウントは先に作っておきましょう。

 

5.エアードロップは河原の小石集め

僕がなぜエアードロップにハマってるかというと、自分の中ではエアードロップは河原に転がってる石ころを集めてるみたいな感覚でそれが楽しいんだと思います。最初に、お金が空から落ちてきたら…なんて書きましたけど、実は大して期待はしていないです。だって…無料ですよ(おい)。

 

ただ、拾った石ころの中に実は珍しい石があった!とか、面白い石ころ拾った!とか、そんなのがあれば面白いなと思っているんです。

今日の題名「エアードロップで腹は満たせるか?」、その答えはこれからわかってくるでしょう。昼マックくらい食べれればいいな!