katonobo’s blog

仮想通貨✖プログラミング

truffleでオリジナルコイン(トークン)を作るのが簡単すぎて驚いた件

truffleは、イーサリアムアプリケーションの総合開発フレームワークです。

ちなみにトリュフと読むようです。

Truffle Suite - Your Ethereum Swiss Army Knife

 

これを使うと、本当に簡単にイーサリアムアプリケーションが作れちゃうんですが、イーサリアム開発の「Hello world」ともいうべき、オリジナルコイン(トークン)が本当に簡単に作れちゃいます。感動です。

 

こちらのリンクを参考にさせてもらいました。

qiita.com

 

なぜここまで簡単かというと

 

ERC20という規格を利用していること。

truffleでは、セキュリティのフレームワークOpenZeppelinが使えること。

コンパイル、デプロイなど全てtruffleで行えること

などがあります。

 

truffleを使わないと、gethを使って設定して、マイニングして、アカウント作って…とか、なんだかいちいちめんどくさいです。

上記リンク記事にも書かれていますが、独自のコイン(トークン)作るだけなら、10行程度のコードでできてしまいます。

逆に、悪いこと考える人にとっても独自のトークンを作ってICOやるってのはとてもハードルが低いことだってことは知っておくと良いかと思います。

普通の開発者はスマートコントラクトを使って継続的なサービスをどうやって作ろうか?と考えてそこが難しいわけですが、トークン作って売り逃げようと思っている人はポエムだけ書いてそれで終わりなんですね。恐ろしいですね。

しかし、このtruffleもOpenZeppelinも、コンセンセス社(ConsenSys)のサービスです。

次の世代のアマゾン、グーグルですね。おそるべしジョセフ・ルービン…。

Joseph Lubin (entrepreneur) - Wikipedia

ジョセフ・ルービン...イーサリアム共同創設、ブロックチェーン企業コンセンシス(ConsenSys)CEO

 

【過去の記事】

 

www.katonobo.com

 

 

www.katonobo.com

 

 

www.katonobo.com

 

 

www.katonobo.com