かとのぼのマイコード・マイライフ

個人開発者かとのぼのプログラミングと雑談のブログです。たまに読書と銭湯も

読書

読書は一行か二行いい情報があれば大成功

今回は、私の読書の仕方について書こうと思います。 読書は、最初から最後まで丁寧に読む必要はない 自分の幅を広げるための読書 一見関係ない分野が読書で繋がることが大切 読書は、最初から最後まで丁寧に読む必要はない 私は読む本が年間200冊前後と、か…

デイヴィッド・J・リンデンの「快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか 」【書評】

デイヴィッド・J・リンデンの「快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか 」を読んでの感想を買いています。

デイミアン・トンプソンの「依存症ビジネス」【書評】

デイミアン・トンプソンの「依存症ビジネス」についての書評です。 元アルコール依存症の著者が書く恐ろしい「依存症ビジネス」 人は、「快楽」より「欲望」に強い依存を持つということ 入手の簡単さが、依存に大きく関係があること 人は短期的な報酬に抗う…

「日本ゲーム産業史」【書評】

最近読んでかなり面白かった本です。 日本ゲームの歴史を作ったグレートカンパニーたち 日本ゲームの歴史を作ったグレートカンパニーたち 日本ゲーム産業史 ゲームソフトの巨人たち 本書は、日本のゲームの歴史を、その歴史を支えた企業の軌跡を追いながら辿…

旅行は自分で楽しくするもの【旅行する時はその土地に関係した本を読むと楽しさが10倍アップする】

気軽な旅行は気分転換にもなるし、人生に彩りを与えてくれるのでどんどん行った方がいいと思います。今回はそんな旅行を自分のちょっとした工夫でさらに特別なものにしようという記事です。 旅行でオススメはその土地に関する本を読むこと 「岩手県遠野」と…

本多静六の「私の財産告白」【資産運用を始めたい人に最初に勧めたい一冊】【書評】

本多静六の「私の財産告白」の書評です。資産運用を始めたいと考えている人はぜひ本書を読んでみてください。

キンドル(kindle)で自分だけの図書館を持ち歩く

キンドル(kindle)をうまく使って、持ち運べる自分だけの図書館を作ろうという記事です。 キンドルによって読書が身近に キンドルなら何冊入れても物理的な重さが同じ。知識のレパレッジを持ち運ぼう キンドルは快適に読める キンドルによって読書が身近に み…

「旅の理不尽」は理不尽だらけの海外旅行(バックパッカー)を楽しみきるためのノウハウ本!?

「旅の理不尽」という旅行エッセイ本の紹介記事。バックパッカーをしたい人におすすめの本です。

「河童が覗いたインド」はインドに行くバックパッカーにおすすめ本

インドにバックパッカーする旅行者におすすめした本「河童が覗いたインド」の紹介記事です。

森博嗣「集中力はいらない」のレビューと感想【書評】

森博嗣の「集中力はいらない」の書評です。そもそも集中力とは?から始める森博嗣ワールドがたまりません。

調べ物にはレファレンス協同データベースを利活用しよう【マニアックでディープな資料や書籍、出典情報を探す】

インターネットで調べられないようなマニアック情報はレファレンス協同データベース(レファ協)で調べてみましょう。

森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』のレビュー【書評】

森博嗣の『「やりがいがある仕事」という幻想』の感想とレビューです。

村上春樹の小説「騎士団長殺し」のレビューと感想【書評】

村上春樹の小説「騎士団長殺し」の感想です。

読書のきっかけ

読書するきっかけは皆んないつなのでしょうか?中学生か高校生か?自分が本を読み出したきっかけを思い出しながら書きました。