katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

 お知らせ

 プログラミングスクールの口コミサイト「プロログ」をリリースしました プロログ

 プログラミングに興味ある方はぜひご覧ください!  

 またスクールに通われたことがある方はぜひ口コミにご協力ください!お願いします!

ビットコイン、シカゴ・オプション取引所についに登場!…ってオプションって何なの?な人のために5分でオプション取引を解説する記事

12月11日、ついにビットコインがシカゴ・オプション取引所で先物の取り扱いが始まります。

とうとうビットコインにもオプションと先物が登場かぁ…。って、まずオプションってなんなの?

先物となんか違うの?って方もいるんではないでしょうか?

 

先に書くと、オプションと先物は、全然違います!

 

株クラスタとか、金融業界出身者では常識のこのオプション取引ですが、馴染みがなければちんぷんかんぷん。ただし、全く無知では危険です。

 

今回は全くの初心者向けにあえて雑に、5分で説明しようという試みです!

 

さぁ、ストップウォッチスタート!

 

 

・オプションは「権利」の売買

 

まずは例えからいきましょう!(設定にツッコミはなしで)

 

あなたは、嵐の大ファンです。1ヶ月後にどうしてもいきたいライブがあります。ただし、チケットは人気で定価では買えません。そんな時、友人の一人が、秘密のコネクションでライブの日にチケットを取れるから買わないかと誘って来ました。

 

友人「実は嵐のチケット、定価は1000円だけど、俺なら1500円で手に入れられる。その予約のために先に100円はもらうけど、もし先に100円払ってくれるなら、買う買わないは直前まで決めなくても良いから買わない?」

 

あなた「嵐のチケットっていつもプレミアつくから、当日に買ったら多分2000円くらいまで上がりそう!すごい良い話かも。もしかしたらもっと安いところで買えるかもしれないけど、100円払っておけば1500円で間違いなく買えるし、もし1500円より安く他で買えそうならその時は友人から買わなければ良いや」

 

こうして、あなたは100円を友人に渡し、ライブ当日にチケットを1500円で「買う権利」を得ました。

 

どうでしたか?なんかありそうなシチュエーションですよね?(ほんとはチケット転売はダメです)

実はこれ、オプション取引の「コールオプションの買い」ということをしています。

将来のある時点において、決まった値段で、買うという権利を、お金を払って(プレミアム)買っているんです。

これをビットコイン取引に当てはめると、

現在ビットコイン価格は1,000円です。あなたは100円を払い、1ヶ月後ビットコインが50%上がった1500円の価格で買い取る権利を買いました。

 

これになんの意味があるの?と一瞬思いますが、大アリです。

 

もし1ヶ月後、ビットコイン価格が急上昇し、3,000円になってたとします。そうしたら、あなたは、3,000円のビットコインを、なんと1,500円で買えちゃうんです。先に100円払っているので、差額の1,400円は儲けです。

 

これがオプション取引の基本です。これに権利を売る側と、下げた時の売買があります。これがオプション取引の正体です。

 

そして、詳細の説明は省きますが、この権利を巧みに組み合わせることで、ものすごい数の儲けるための戦術を作ることができるのです。そこに先物も活用したりします。

これが、金融業界が現物に加え、先物取引とオプション取引を歓迎している理由です。彼らは百戦錬磨なので、いくつもの勝ちパターンを持っています。彼らからすれば、やっとちゃんと取引するための土台ができ始めたかって感じでしょうか。

 

 

いかがでしたか?

詳しくは「オプション取引」で検索すれば、たくさんサイトが見つかるので、興味を持った方はぜひ読んでみてください。