katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

【備忘録】『情熱のある人に共通する「行動と未来の捉え方」』の記事が素晴らしい件

この記事が本当にすごかったので、感想を備忘録としてブログに残しておこうと思いました。

 

forbesjapan.com

 

情熱は「未来差分+初速」から生成される

 

結論から書くと、1. 行動を起こしたときに想定されるいい未来と、現状のままの未来との間に「差分」が見えており、かつ、2. それに対して行動の「初速」が伴っていること、が情熱の源泉である、ということです。 

 

本記事は情熱の源泉についての考察です。行動によって起きると予想される未来と、しなかった場合の未来の結果の差の大きさ(差分)と、行動を起こすことによって起きる(初速)としています。( しかし、頭のいい人の文章に触れるとワクワクしてゾクゾクしますね。こんなに簡潔でハッとさせられる文章を自分も書いてみたいです。)

 

図でも説明されていますが、情熱には、「想像力上」の時間軸があり、そこから未来の差分という傾斜が導き出され、そして行動することによる加速があって情熱が生まれます。(「想像力上」と表現したのは、この傾斜は、未来に向かって伸びるので、結論は出ていません。なので、その人間の知識やイマジネーションによって大きく角度が変わるからです。)

この前に僕が書いたブログでは、「やる気」は減耗することと、プログミング学習は初心者が挫折しやすいことを書きましたが、これは、まさに本記事で指摘している、情熱の源泉の規定要因の一つである「初速」がうまく生み出せないから起きていることだと思いました。

 

www.katonobo.com

 

この未来差分ですが、似たお話を以前古賀洋吉さんのブログで拝見しました。

 

僕が古賀さんを知ったきっかけは、人生はドラクエだということを言っていて、その内容を読んで衝撃を受けたところから始まります。

愛の日記 @ Drivemode | ドラクエ人生論

 

彼は、自分が生まれてきた価値は、自分が生まれなかったという世界と、自分が生まれてきた世界を比べて、その差だと言っていました。

 

人生の価値とは、その人が生まれた世界と生まれなかった世界の差だと思っている。つまり、「僕」とは、「僕が死ぬまでに行った全ての行動が世の中に残した影響、変化、差の合計」である。それゆえに、僕の人生において重要な問いは、「結局、僕って、世界にとって生まれたほうが良かったんだっけ?」というものだ。

愛の日記 @ Drivemode | バレなければ良いという生き方

 

この記事の他にも、行動することが情熱を生むという記事も書かれています。

 

自分自身の直接の経験から生まれる感情(喜び、怒り、悲しみ)こそが、情熱をドライブするのだ。そして、その情熱こそが、何かすごい事をやる上での馬力を生み出す根源だ。逆に言えば、経験を伴わない、「思考」や「他人からの情報」によって情熱は生まれない事が多い。あくまで自分の経験を通じて、ハートがズキューン!と動くことが大事なのだ。

愛の日記 @ Drivemode | 経験が情熱を生む

 

情熱の源泉は、未来差分と、初速(行動)で生み出される。だから起業家の方には、情熱の塊みたいな人が多いんだろうなと思いました。

 

ともあれ、素晴らしい記事と、その考察を読めてよかったです。行動しよう。