katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

全く参考にならない!一人暮らし、出不精のための最強ダイエット法を教えます。

社会人をしていると、運動をしなくなったり、飲み会が増えたり、貯蓄ができて美味いものを食べたりして、大体の人は少しづつ太っていってしまいます。

20代前半はまだなんとかなっていても、20代後半あたりからは代謝も落ちてきて、このあたりで体型を維持できる人と、維持できずに太ってしまう人の決定的な分かれ道ができてしまうように思います。

さて、僕はというと、実物を知っている人ならわかると思いますが、現在太っていません。お酒が大好きなので、よくお酒も飲みます。食べるときもたくさん食べます。我慢しません。以前書いたスナックの記事でもおわかりのように、おそらく平均の人以上に飲んでいると思います。

では、食べても食べても肉がつかない人のような、体質的に痩せやすいかというと、逆でむしろ太りやすい体質です。そのぶん、筋肉もつきやすいです。

そんな僕がどうやって体型を維持しているか今日は書こうと思います。かなり適用できる人は少ないかもしれませんが、サプリなし、ジムなしで、僕の中では一番簡単な方法です。

これから言う条件に当てはまる人は僕のダイエット法は効果があります。

これから挙げる幾つのかの条件に当てはまる人は、僕のダイエット法にぴったりな人です。

①一人暮らしである

②出不精で、基本的に家から出るのが面倒だ。

③ジュースやビールなど冷たいものはとことん冷たくないと嫌だ。

いかがですか?この3つが当てはまる人は、僕のダイエット法にぴったりです。

 

ではお教えしましょう。

 

その方法は、

 

冷蔵庫を捨てる

 

と言うダイエット法です。

おそらく、このダイエット法を提唱している人は今までいなかったのではないでしょうか(そりゃそうだ)。

そうです。私の家には冷蔵庫がありません。捨てました。まずこれをダイエット法と呼んで良いのかは不明ですが、実際効果があったんだから立派なダイエット法でしょう。

なぜこのダイエット法が良いか説明します。

家に食料がない状態を作り出す

まず、冷蔵庫がないので、作り置きや、買い置きができません。ジュースやアイスも保存できないため、買い物をするときにはそのときに食べれる量、飲める量しか買わなくなります。そうなると、余分なエネルギーをとる危険が無くなります。寝る前に、突然お腹が空いて朝食べようとしていた食料を食べたりしませんか?こういった危険を根元から根絶するのです。

出不精なので家に帰ると出たくなくなる

一旦家に帰ると、もう面倒なので外出したくなくなります。こうなると、本当に空腹状態にならないと買い物や外食に出ないので、自然とプチ断食ができます。本当にお腹が空いたらさすがに外に出るので、逆にいうと、外に出たくなるまでは本当にご飯を食べる必要がない状態とも言えます。

 

自分が本当に空腹なのかの勘が身につく 

これは先ほどの話の延長ですが、家に食べ物がない状態で、しかも食べる量もその時ぶんだけの生活をしていると、本当の空腹の感覚が身につきます。山とか登ったり、運動して本当にお腹すく時ってありますよね?実はあれが本当の空腹で、普段のお腹すいたなぁくらいの感覚の時は別にそこまで食べる必要性って多分ないんですね。このなんとなくの空腹と、本当の空腹の区別が少しわかるようになります。区別がつくと、食べる量も自然と調整できるようになるので、良い循環が生まれます。これに関しては自分の中の感覚的なモノなので、他の人も同じ感覚になるかはちょっとわかりませんが。

 

まとめ

どうでしょうか。発想の転換で、冷蔵庫を持たないという生活をするのです。これは私が、まさにダイエットというモノについて、ゼロベースで考えた結果です。冷蔵庫がなければ、自然と食べる量が減ります。これは、家庭がある人や、すぐに外出できちゃう人にはあまり効果がないと思いますが、ハマる人にはハマるはずです。

僕は、コンビニやスーパーが自分の冷蔵庫だと考えるようにしています。課金をすればいつでも新鮮で冷たい商品が選び放題です!サイコー!

最後まで書いて思いましたが、試せる人は少ないですし、あまり他の人にもオススメするようなダイエット法ではないですねw

 実際にやる猛者がいたらぜひ教えてください!!それでは!

【PR】