かとのぼのマイコード・マイライフ

ウェブサービス開発とプログラミングと雑記ブログ

プログラミングの理想像はジョジョの「プロシュート兄貴」

スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 31.プロシュート&ザ・グレイトフル・デッド <原型・彩色監修/荒木飛呂彦>

漫画、「ジョジョの奇妙な冒険」には、とても魅力的なキャラが多く登場します。今回はその中でも特に生き様がかっこいい「プロシュート兄貴」と私のプログラミングの理想像について書きたいと思います。

プロシュート兄貴とは?

「ジョジョの奇妙な冒険」第5部に登場するプロシュート兄貴は、主人公たちの敵で、暗殺チームのメンバーとしてファンからとても人気があるキャラです。

彼はあるセリフで、有名になっています。

jojotheworld.com

「ブッ殺す」…そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間はその言葉を頭の中に思い浮かべた時には! 実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだッ!だから使った事がねぇーッ 「ブッ殺した」なら使ってもいいッ!

 

 どうですか?びっくりしませんかこの行動力の塊!!

よく「考えを口にしたりアイデアを持ってる人は沢山いるが、実際に行動する人間はごくわずかで、行動している人間が偉い」という話を聞きますが、プロシュート兄貴は考える、口に出すというプロセスすら不要なのです。行動力を突き詰めた存在、それがプロシュート兄貴なのです。

プログラミングもプロシュート兄貴も思い立ったが吉日

プロシュート兄貴は人を殺しちゃうので良くないですが、このマインドは僕にとってかなり理想です。

やりたいと思ったことに対して、全く迷うことなくそのまま行動に移すことができれば、何か選択を行うという思考や、迷うなど心のリソースを割く必要がありません。

日本では、思い立ったが吉日ということわざがありますが、まさに思った瞬間即行動が一番効率がいいアクションなのかも知れません。

プログラミングもとにかく何か手を動かしてやってみる

プログラミングも、よっぽどの天才以外は、手を動かさないと仕組みが理解できません。そのため、プログラミングを始めようと思ったら、迷う暇もなく何かを始めるべきだと思います。まずはサンプルコードを写してみる。学習動画をみてその動画に習ってプログラミングをしてみる。やりたいことを決めて、勉強を始める。ただし、以前にも記事に書いたように、入り口を間違えては元も子ないので、そこはしっかり見極めましょう!

 

www.katonobo.com

www.katonobo.com

 

プロシュート兄貴のマインドでガンガン何か作ったり勉強して行きたいと自分にも言い聞かせて、今回の記事は終わりにしたいと思いますw

あとジョジョはめちゃくちゃ面白いので、オススメの漫画です。