かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

すぐには結果が見えないがコスパは実は最強クラス!プログラミング技術書は迷ったら購入しよう

この記事をシェアする

f:id:katonobo:20190217075854j:plain

プログラミングの勉強をすると、どうしても書籍を購入する機会が多くあります。プログラミングのエンジニアの方が書かれた本は技術書と言いますが、これが結構値段がします。大体平均すると3000円前後でしょうか。

この3,000円って高いと思うかもしれません。プログラミングを始めようと思っている人は、書籍の値段にビックリすると思います。購入を躊躇する人もいるかもしれません。

しかし、私は、迷っているならぜひ買いましょう!とオススメします。

 

なぜなら、技術書で学習することが、基礎的な学習のもっとも近道になる可能性が高いからです。

時間は有限

あなたの時間の価値はものすごく高いです。働くということは、自分の時間をお金に換金することですが、アルバイトでも1時間1000円くらいですし、正社員ならもっと高いです。あなたの時間には他人が見てもそれだけの価値があるのです。もちろん、本当はもっと貴重なものです。

そして、何かを学ぶ時には時間がかかります。もし、学習するのに本来2週間かかる内容が、書籍によって1週間に短縮できたら、本来かけるはずだった1週間が得します。これは実質的に3,000円以上の価値があると考えることができます。そして、その得した1週間でまた書籍を購入して他の勉強をすれば、書籍を購入しないで勉強する人との知識や技術は雲泥の差となります。その差は、効率の良い学習ができているかどうかなのです。

公式ドキュメントだけで十分という人はごく少数

時々、「わざわざ本なんて買う必要はなく、公式ドキュメントの情報で十分」と言ってる方を見ます。

けど、そんな人ってごくわずかです。

多分こういうこと言える人って、学校だったら一人でどんどん勉強できた人です。

中学校とかで教科書だけ読んだらすぐ何でも理解しちゃう人っていましたよね?あんな感じの人だと思います。

彼らは、なぜ教科書を読めば問題が解けるのにわざわざ参考書なんか買うの?と言います。プログラミングも、そういった一人でどんどん独学できる人がおり、そういった人の声が聞こえやすい世界です。

ですから、私たちはもう少しわかりやすくまとまった本で勉強した方が挫折せずに済みます。それが技術書です。公式ドキュメントは、わかっている人向けのために書かれているものです。その点、技術書は、その道の人が、わからない人を前提に、わかりやすく書いてくれています。

ちなみに、プログラミングの技術書は対象者がどうしても限られているため、全然売れないそうです。それでも書いてくれるのは、著者の知名度の向上もあると思いますが、多くの人に知識を提供したい、挫折しないように手助けしたいと言う献身的な思いが強いと感じます。

プログラミングの技術書はコスパの良い投資です。迷ったら買いましょう!

 

ちなみに、少しプログラミングを学習した人向けに、実際に動くサンプルアプリを作って学習できるオススメの書籍の記事も書いているので良かったらのぞいて見てください。

www.katonobo.com

 

www.katonobo.com