katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

ERC721でトークン実装する方法を勉強したい時にオススメの学習動画

クリプトゲームでみんな大好きERC721を使ったコントラクトですが、日本語だと意外と具体的な情報がありません。

今回は、ERC721を用いた実際のサンプルを動画を見ながら勉強できるテキストを紹介します。

例にならってUdemyです。

Smart Contract Development: CryptoDoggies Token Game

 

f:id:katonobo:20181014192133p:plain

Smart Contract Development: CryptoDoggies Token Game

 

このレッスンは、「CryptoDoggy」という、ランダムなDNAによって特徴が決まる電子キャラクターを作成する方法をレクチャーしてくれます。(クリプトキティのインスパイアですねw)

この動画の良いところは、最初はERC721を使わないスタンダードなコードから始まるところです。もっともシンプルな形でのキャラクターを作るためのコントラクトコードを勉強できるので段階を踏んでいてつまづき難くなっています。

簡単なサンプルを書いた後、ERC721を使ってのサンプルコードを勉強します。動画の時間は3.5時間なのですごく短く、コードの記述量も一見多そうに見えますが単純なのでわかりやすいです。ERC721を使ったスマートコントラクトのコードを書いて見たいと思っているようなレベルの方ならなんも問題もないでしょう。

一応フロントエンドの書き方まで説明がありますが、まぁコントラクトのコードの書き方や、セキュリテキィ的な書き方を参考にすれば目的達成といった感じになるのではないでしょうか。

イーサリアムの英語の教材はそれなりに充実してきている気がする

Udemyは、イーサリアムの英語でのテキストはそれなりに充実し始めているように感じます。日本語だと中級の情報が本当に少ないですし、ネットにも公開されていないので一からロジックを考えたりするのが大変です。

この辺は英語の動画をうまく使って勉強する方が良いように思います。スマートコントラクトはセキュリティが難しいので、そういった意味では独学より海外のエンジニアの人が考えたコードを参考にした方が無難な気がします。

ぜひ参考にして見てください。それでは。