katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

プログラミングでパソコンはまぁ壊れないから「ガンガンいこうぜ!」

プログラミングを初めてやった時に、自分は「これで間違ったらパソコン壊れんじゃないか?」と本気で心配していました。Macの「ターミナル」というコマンドを開いた時、あまり無機質で、パソコンの根幹を触っているような気がして怖かったからです。

もし私と同じような心配をしている方がいるなら安心してください。プログラミングの入門書に書かれているサンプルコードで、パソコンが壊れるような危ないことをすることはありません。なので、存分に間違えてください。

ただし、一つ注意がいるのはインターネットで何かを変な方法で調べた時です。ネット上では、意外と後々のことを考えると危険なコマンドが普通に書いてあったりします。そのため、まずはプログラミングに慣れるまで書籍だったり学習サイトで勉強してからをオススメします。

入門者にとっては驚きかもしれませんが、プログラミングはエラーが出て当然と言った感じなのです。学校のテストでは「ケアレスミス」はないようにと注意しますが、プログラミングでは「ケアレスミス」はあって当たり前であり、エラーが出たらまずはスペルミスがないかチェックします。人間なんてそれぐらい適当なものだとプログラミングは教えてくれます。

ですから、全くエラーは恐るるに足らず。ドラクエで言えば「ガンガンいこうぜ」の作戦でどんどんサンプルコードを実行して、どんどんエラーを出しましょう。初めてのうちはそれぐらいの良い加減さでないと嫌になってしまうと思います。

ガンガンとコードを書いて、どんどんとエラーをだす。そうしているとなんとなくスペルの間違いが減ってきます。多分慣れるんだと思いますが、その時には加えてスペルの間違いに気付きやすくなりますし、学習が以前より進展するようになります。

早くその状態になるよう、恐れずどんどん挑戦してください!