かとのぼのマイコード・マイライフ

エンジニア兼ウェブサービス開発者のプログラミングと雑記ブログ

SNSアプリは苦手な人には地獄の件【返信が遅かったり決断に時間がかかる人にはチャットアプリは悪影響】

リライト

今回はチャットアプリの弊害について書きました。

 将来やるべきことが増えると人はストレスを感じる

私はとにかく早いものが好きです。私は中華料理が大好きなんですが、その一番の理由が料理が出てくるのがとても早いということがあります。

中華料理屋さんの命は料理のスピードなんですよね。だから、料理が出てくるのが早ければ早いほど素晴らしい接客なのです。

私は並んだり待つのが嫌いで、お店に並ぶのとかレジに並ぶのが苦手です。

こう言った性格なので、ラインとかメールの返信とかは返せるなら即座に返します。

なんでこんなことを書いたかというと、人間って、どんな些細なことでも、やることが溜まると、すごく深層心理下でストレスを受けてるのではないかと思ったからです。

仕事で、よくTODOリストをいうのを書き出す人は多いと思います。その日のやるべき業務を紙に書き出します。そして、その項目を達成するごとに消していきます。

TODOリストを書いたことがある人ならわかると思いますが、このリストを書くと、その日にやらなくてはいけないことが思ったより少ないと思った経験があるのではないでしょうか?

おそらく、人間は「後でやるべきこと」と自分で思っている内容を正確に捉えることが難しく、過大に評価するのではないでしょうか。

脳は、「将来のやるべき行動」の情報を留めておくエネルギーを我々が思っているより必要にしている気がします。そのため私は、心の片隅に置いておかなくてはならないものはできるだけ無くした方がいいと思っているのです。それが最初に言ったスピードに繋がってきます。

 SNSには心理的な重圧がある

私の周りを見ていると、チャットアプリの返信が遅い人は、精神的に精一杯になりやすい傾向があるなと思っています。おそらく、チャットアプリの返信が遅い人はその性格上、色んな作業を自分では気づかないうちに後回しにしている傾向があります。

そのため、頭の中に「意識していないやるべきこと」が雪だるま式に増えていって、それが大きなストレスになっているのだと思いました。全く証拠はありませんが、結構当たっているのと思います。

特にチャットアプリはその性質上、常に未読情報が表示されていたり、返信をしないといけないプレッシャーなどがあり、返さなくちゃという意識していないストレスがとても大きいです。

もしそう言った傾向がある人は思い切ってチャットアプリをやめちゃった方が良いんじゃないかと思いました。

チャットアプリは、他人とのコミュニケーションコストを下げましたが、その代償として私たちに絶えず外部との接触の緊張を強いています。幸い、現代はだいたいのファーストコミュニケーションがチャットアプリですから、辞めてしまえば負担は相当軽減するでしょう。

そんな大げさな。と思うかもしれませんが、おそらくこれは相当深刻な問題だと思います。

現代は、自分の時間や思考をコントロールするのが本当に難しい時代です。