かとのぼダイアリー

エンジニア兼サービス開発者のプログラミングと雑記ブログ

かとのぼダイアリー

エンジニア兼サービス開発者のプログラミングと雑記ブログ

2018年の総括:書きたいから書くがブログの始まり

今年ももうすぐ終わりです。こんな自分勝手なブログをいつも読んでくれて本当にありがとうございます。

さて、このブログですが、今年は何と200記事を書きました。また、アクセス数は約3倍に増加をしました。

「Vue.js」というプログラミングに関するまとめ記事でははてなブックマークのトップに入る面白い経験もできました。

 

www.katonobo.com

 

ある時、どうやってそんなにブログ続けられるんですか?とツイッターで聞かれたことがありました。その時は「自分が今学習していることを備忘録的にまとめたりすると他の人も知りたい情報なので良いですよ」とお答えしましたが、ちょっとかっこつけすぎたような気がします。なのでここ少し訂正したいと思います。

結局、本当のところはこうです。

 

自分が書きたいことを深く考えずに書く

 

ただこれだけだと思います。

僕のブログの記事の大半をしめる、エラーの解決策や参考になった書籍の紹介は、ほとんどは自分のためです。エラーの解決策の記事は、ほとんどメモのようなもので、未来の自分がまた同じミスを必ずおかすので、その時のために書いているものですし、参考になった書籍の紹介は、ほとんど自分の読書記録のようなものです。

色々なブログのプロ?が言うような努力はしていません。

って言うか、どうやったらアクセス増やせるか?とか、毎日継続するにはどうすれば良いか?とか、儲かるコンテンツはどうやって作るか?とか、そんなの楽しいか?とぶっちゃけ思うわけです。

もちろん、グーグル検索は問題解決のためのエンジンですから、例えば、今書いているこの記事を純粋なグーグル検索からクリックする人は今後皆無でしょう。じゃあ何で書くのか?と言うと、自分が書きたいからです。それで、もしかしたらこの記事を誰かが読んで面白がってくれるかもしれないとちょっと思っているからです。

また、アクセス数が増えるのはもちろん楽しいですが、その反面、実は結構恥ずかしかったりもします。自分の考えを文にしているので、何だか自分の裸を見られているような気がします。

書きたいことを書いているので、結論がなかったりしますし、誤字もあります。しかし、ブログは、そのような中途半端な感じが許される珍しい媒体だと思います。

そうです。この「katonobo's blog」は、いい加減なのです!

 

書きたいことを書く。良い加減に書く。

 

という、結論が全く参考にならない話ですが、これもブログなので許していただればと思います。