かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

AI時代と古代ギリシャ文化の共通点

この記事をシェアする

A24 地球の歩き方 ギリシアとエーゲ海の島々&キプロス 2019~2020

人工知能がどんどん発達して、少しずつですがルーティーンワークが人から機械に置き換わってきています。

AIによって職が奪われると否定的な意見の人もいますが、どんどん機械に置き換わる流れを止めることは不可能だと思います。

さて、仕事をする必要が無くなった人間は何をするんでしょうか?

おそらく古代ギリシャ文化にヒントがあります。

奴隷によって支えられた栄華

古代ギリシャと言えば、哲学や、美しい彫刻など、文化、美術的な繁栄を遂げた国です。

世界を支配したローマは、ギリシャの芸術文化の影響を大きく受けました。

さて、ギリシャ文明がここまで芸術分野や科学が発達できたのか。

それはギリシャの奴隷制度があると言われています。

ギリシャでは、市民が奴隷を所有しており、仕事や雑務などは奴隷が担っていました。人間は、生きるための仕事から解放された時にやっと生きるためのこと以外を考えられるようになります。

簡単に言えば、時間的な余裕ができるのです。

そこで暇になったギリシャ人は、哲学的な考察だったり、美術を極めたりしました。

文化的な栄華は、そこに住む人々の時間的、精神的な余裕から生まれるのです。

このサイクルが、現代社会で再び起きてくると思っています。

つまり、機械(AI)が奴隷の役割を担って、人間は完全な暇人になるのです。

もちろん今でも余裕がある人などはいますが、裾野がさらに広がると思います。今まで興味なかった人も興味をもつようになるのです。

人々は、美術なり文化的な嗜好を満足させる方向に向かうと思います。

クリエイティビティが一番価値をもつ時代がくる

哲学も美術も、芸術分野、クリエイティブな活動と言えます。

人々の感情を動かすクリエイティブな活動は、より多くの人の心を充足するために需要が高まるはずです。

なので私は、クリエイティビティがこれからの時代にもっとも重宝されるものとなると思っています。

もちろん今もその傾向はありますが比べ物にならないほど爆発的にコンテンツが消費される時代がくると思います。

今まで24時間中の多くも占めていた単純作業(仕事)という時間を埋めるだけのコンテンツが必要になるからです。

実際、そう考えたことが、このブログだったりプログラミングでアプリゲームやWebサービスを自分で発信することをやろうと思ったきっかけの一部だったりします。

クリエイターにはチャンスが広がる時代がやってきます。逆に、全く自分で何も生み出せない人には辛い時代になるでしょう。

もっと多くの素晴らしい作品が生み出されるかもしれない未来にワクワクしています。