katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

ビットコインの原点「Bitcoin: A peer-to-peer electronic cash system」を読むとビットコインの目的がスッキリとわかる

ビットコインは価格の下落が続き、大変ですが、みなさんはこのビットコインが最初に提唱された論文は読んだことはあるでしょうか?

「Bitcoin: A peer-to-peer electronic cash system」は、2008年に謎の人物サトシナカモトによって発表されました。サトシナカモトは、日本人ではないとも、個人ではなくチームだったとも言われていますがその正体は謎です。

私の独自の調査でも、日本の人気ラーメン店「蒙古タンメン中本」と同じ苗字であることしかわかりませんでした。

さて、この論文は実は非常に短くて簡潔です。そして、この短い論文の中にビットコインの理念が明確に書かれています。丁寧に日本語訳までありますので、ぜひ一読をオススメします。

 

http://www.kk-kernel.co.jp/qgis/HALTAK/FEBupload/nakamotosatoshi-paper.pdf

 

と言っても、なんの知識もなくこの論文を読んでも、「ハッシュ値」なり、「タイムスタンプサーバー」なりよくわからない知識が出てくるので意味不明です。ですので、今回はビットコインの理念の部分だけ引用して紹介します。

 

純粋な P2P 電子マネーによって、金融機関を通さない甲乙間の直接的オンライン取引が可能になる。電子署名は問題の一部を解決するが、依然信用できる第三者機関による二重使用予防が求められため、その恩恵は失われる。当システムは P2P 電子マネーにおける二重使用問題の解決を提案する。

(中略)

インターネットでの商取引は、ほぼ例外なく、電子取引を処理する信用で

きる第三者機関としての金融機関に頼っているのが現状である。

(中略)

第三者機関を通さずに通信チャンネル経由で支払いを可能にするメカニズ ムは存在していない。

http://www.kk-kernel.co.jp/qgis/HALTAK/FEBupload/nakamotosatoshi-paper.pdf

 

つまり「第三者機関を通さずに通信チャンネル経由で支払いを可能にするメカニズムは存在していない。」ので、その解決策としてビットコインの仕組みを提案するよ。というのがそもそもスタートだったのです。

インターネット上で、信頼できる第三者を介さないとお金のやりとりができないということは、少額決済や、個人間の取引に大変ロスが大きいです。ビットコインは個人対個人(P2P)で直接お金のやりとりができる方法として考案されました。

この論文にはすでにマイニングを金の採掘にたとえたり、発行量の限度がインフレを防ぐことなどにも触れていて、ビットコインの聖書として完璧なものとなっています。 

この論文を読むと、ここまで世間に認知されたビットコインが潰れることはもうないんじゃないかなぁと素直に思います。本当に仕組みとして大変よくできています。美しさすら感じます。

ちなみに、もしちゃんとビットコインの仕組みを知りたい方がいましたら、素晴らしい教科書があるのでこちらを読んでみてください。この一冊を読めば、あなたはもうビットコインマスターです!

 

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

 

過去記事

 

www.katonobo.com

 

【PR】