katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

【バックパッカー】キューバの通信事情

今年4月に、キューバにバックパックしてきたので、ちょいちょいその時のことをテーマに区切って記事に書いていこうと思います。今回はキューバの通信事情です。

 

キューバは世界でトップクラスに通信が遅い国

まず一番衝撃的だったことは、

 

インターネットがマジで通じない。

地球の歩き方にも載ってるので覚悟していたんですが、キューバはインターネットが基本通じないと思った方が良いです。この前記事に書いた、宿泊先のあばあちゃんがネットを使えないからピンハネされた話でも書きましたが、相当不便です。

旅慣れた方なら利用して当然のSIMフリーが使えません。

ホテルでWi-Fiが繋がるところもあるらしいのですが、それは高級ホテルだけです。

唯一私たち旅行者がネットを使う方法は、時間制のチケットを購入することです。これは、1時間200円くらいでカードが売っていて、それを購入し、Wi-Fiが通じる広場とかで使います。パスワードが書かれているので、そのパスワードでアクセスすると1時間だけネットが使えるというような仕組みです。

じゃあこのチケットを買えば良いじゃんと思いますが、このチケットを買うのがすごく大変です。

 

なぜなら、観光地で、このチケットを買うためにはめちゃくちゃ並びます。

 

キューバは基本的に、何でもかんでも並ばないといけないんですが、とりわけこのチケットの販売所には長蛇の列ができています。店員さんがみんなのんびりしているんですよね。全然焦らないので、列が進みません。共産主義だからでしょうか。

やっと購入してさぁネット使うぞとなっても、次に驚くのがネットの通信スピードです。

遅い。とにかく遅い。

ちょっとおしゃれなサイトとか開いちゃったらもうダメです。表示されません。

現地の方に聞いたら、世界で3番目にネット回線が遅い国だと言っていました。本当かどうかはわかりませんが、まだこの下に2カ国あるというのが脅威です。

 

インターネットができないことは国益を損ねるのではないか?

キューバに行くまでこんなこと考えてもなかったんですが、国民がインターネットが使えないと、国家間の競争で圧倒的に不利なんじゃないかと思いました。

ネットが使えないからみんな自分の足で動くので、お店は長蛇の列ができますし、並んで待たなくてはいけません。ネットの情報の取得にものすごく時間がかかります。

情報戦が繰り広げれている現在で、これでは国民一人一人の生産性を上げることは難しいでしょう。

 

 *************

カストロとともにキューバ革命に導いたチェ・ゲバラは、過去にキューバを工業国にしようと考え、日本に訪れた際に日本の工業製品のレベルの高さに感嘆したという話があります。

また、三好徹の名著「チェゲバラ伝」の文章にあるエピソードを引用しますが、

キューバの工場がある日本の工場の協力で作られた時、お土産としてチェ・ゲバラに卓上型の電子ライターがプレゼントされたそうです。彼はその際、

“「キューバの工業が発達して、こういう製品が贈り物にできるような時代が来ることを自分は望んでいるのだが、現在のところ、残念ながら、われわれには、工業品を贈り物にすることができないのです。せめてこれを代わりに…」といって、100本入りの葉巻を贈った。「チェ・ゲバラ伝」”

そうです。

その時の彼には、今キューバの特産品や贈答品は農業製品だが、いずれは日本のように工業国になりたいという希望と意志がありました。

 

今の彼なら現在の世界とキューバの現状をみてどう考えるでしょうか。インターネットの普及や技術などに力を注ぐのではないでしょうか?そんな気がしました。

 

過去記事

www.katonobo.com

www.katonobo.com

 

参考

 

【PR】