かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

ディレクトリを理解する【作りきる!ウェブサービス】

この記事をシェアする

プログラミングでコードを書く前に、ディレクトリと言う概念と考え方を知っておいてください。

ディレクトリとは、フォルダのことです。

フォルダのイメージ

フォルダはご存知の方は多いのではないでしょうか。

このフォルダのことをプログラミングの世界ではディレクトリと呼ぶことがあります。

さらに、ディレクトリについてもう一歩詳しく知っておくことで、プログラミングで陥りやすい、「パスが通らない」と言う挫折ポイントを回避できます。

ディレクトリとは?

ディレクトリとは以下のように説明されています。

記憶装置の中のファイルを分類して階層構造で管理するための概念。ディレクトリーは複数作成でき、ディレクトリーの中に別のディレクトリーを作成して、ファイルを階層化して管理できる。

ディレクトリーとは - コトバンク

 単純に言うと、データを管理する場所のことです。

パソコンのデータ(ファイル)はフォルダに入れて管理しますが、そのフォルダの中にもさらにフォルダを作ることができます。

なぜディレクトリの理解が大事?

エクセルやワードなど仕事や授業でパソコンの経験があれば、今までのディレクトリの話を全く知らなかったと言う人は少ないと思います。

では、なぜ私がディレクトリの概要を書き、そしてディレクトリが重要だと述べているのでしょうか?

それは、プログラミングでは、「コードを書く際に自分がどのディレクトリで作業しているのか?」「各ディレクトリやファイルがどんな位置関係にあるのか?」の二つが常に重要になるからです。

イメージでは、自分がどの街の駅に住んでいて、友人はどの街の駅に住んでいるか知らないと、自分の家に誰かを呼ぶことができないし、また自分の家から友人の家まで行くことができない感じと似ています。

ディレクトリで覚えるべきこと

では、プログラミングのディレクトリで覚えるべき用語を紹介します。

階層構造

ディレクトリの中にはディレクトリやファイルが入ります。そしてさらにそのディレクトリの中にもディレクトリが入ります。このようにディレクトリが階層化するので、階層構造と言います。

ルートディレクトリ

階層構造の一番トップにあるディレクトリを「ルートディレクトリ」と言います。

サブディレクトリ

ルートディレクトリ以下のディレクトリは「サブディレクトリ」と呼びます。

カレントディレクトリ

自分が現在いるディレクトリを「カレントディレクトリ」と言います。「カレント」は日本語で「現在の」と訳しますので「今のディレクトリ」とまんまの意味です。

パス

プログラミングでディレクトリの位置を表現する方法を「パス」と言います。

ディレクトリやファイルがどこにあるのかはこの「パス」を使います。

パスはディレクトリごと /(スラッシュ)で区切ります。

例えば、ルートディレクトリが「デスクトップ(desktop)」でその中に「ユーザー(user)」というサブディレクトリがあるとするなら

/desktop/user

のようにパスは表現します。

さて、このパスですが、実は「ルートディレクトリから見るか」「カレントディレクトリから見るか」の2つの方法があります。それが絶対パスと相対パスです。

絶対パス

絶対パスは、ルートディレクトリから経路を示します。

相対パス

相対パスは、カレントディレクトリからの経路を示します。

ディレクトリとパスを理解して挫折ポイントを避ける

このディレクトリの関係や相対パス、絶対パスの考え方を知らないとプログラミングの開発でパスがわからなかったり、設定できなくて挫折するのです。

相対パス、絶対パス共によく使用するので必ずこう言った考え方があることを覚えておいてください。 

最後におさらいで図にしましたので確認してください。

ディレクトリの概要イメージ

関連: 

www.katonobo.com