かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

フローチャートや図を作るならdraw.ioが無料で便利

この記事をシェアする

プレゼンやブログ、開発したアプリの説明をする場面などでフローチャートや図を使うことが多くあります。その際にはdraw.ioというサービスを使えば作成が楽にできます。

フローチャートはアイデアを練ったり説明に欠かせない要素

アプリの個人開発では、どんな構成でアプリを作ろうかと構想を練るときに多く図を使います。私の場合は、まずはイメージを掴むために手書きで始めて、ある程度考えが進んで綺麗に整理したくなると手書きからパソコンに移行します。また、ブログでフローチャートか図がどうしても必要だなと思うときも作っています。

ちなみに以前は「Keynote」を使って作っていました。(Keynoteは、パワーポイントのMac版だと思ってください。)Keynoteはプレゼン用なのでフローチャートも作成できますが、専門ではないのでフローチャートだけを簡単に作りたい場合は逆に面倒でした。

そこで知ったのがdraw.ioです。

draw.ioとは?

draw.ioは、フローチャートやネットワーク図の作成に特化したサービスです。

https://www.draw.io/

 

詳細はこのサイトの記事をご覧ください。

draw.ioの使い方を解説〜無料の高機能作図ツールを使って資料の質をあげよう!〜|ferret [フェレット]

「draw.io」はフローチャートやオフィスの レイアウトなど図を作成できる高機能のツールです。 長机や窓といったオフィス レイアウト向けの図形や、パソコンやメールなどのアイコンも豊富なので、少ない手間で質の高い図を作成できます。

 

つまり、簡単にネット上でフローチャートや図が作成できる無料のサービスがdraw.ioです。日本語にも変更できますから、英語が苦手でも使えます。

 

図に特化しているから豊富なバリエーションと素早い作画が可能

最高のメリットは、早くて見栄えが良いチャートがすぐ作れることです

これにつきます。とにかく楽だし、使いこなせば奥深いのでしょうが、初めてでも使いやすく操作は直感的です。

簡単なフローチャートなら最初のトップ画面の操作だけで作れてしまいます。

f:id:katonobo:20190711092717p:plain

draw.ioの画面。もちろんこのフローチャートに意味はない

グーグルドライブと連携して画像を保存できる点もポイントです。

矢印はカーブさせたりできるし、図の中のテキストもそのまま書き込むことができてとにかく手間が少ない。アプリ開発はコードがメインだけど、こういった視覚の部分も大事なので、苦労が少なく作成できるdraw.ioは重宝します。

ブログをやっている人も、フローチャートとか図を結構頻繁に作成すると思うので、ぜひ利用をオススメします。