かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

イーサリアム(Ethereum)の「ERC20」と「ERC721」の違い

この記事をシェアする

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

ERC721とは?

前回、ERC20について説明の記事を書きました。 

www.katonobo.com

イーサリアムのスマートコントラクトのトークン規格であるERC(Ethereum Request for Comments)は「ERC20」と「ERC721」が有名ですが違いはなんでしょうか?

結論から言うと、ERC20はICOに、ERC721はDAppのキャラクターゲームに適した規格だと言えます。

「ERC721」は、トークン同士が代替できないことに特徴があります。

つまり「ERC721」で作成したトークンAと、トークンBはお互い違う存在だということです。

ポケモンなら、ゲームで自分の所有するピカチュウが他の人のピカチュウと同じだとされたらゲームにならないですよね。

「ERC721」でこのような仕組みを作れます。これを「Non-Fungible Token(代替不可能トークン)」と言ったりします。

逆に、ERC20はトークン同士が代替できます。

当たり前ですが1万円札はどれでも一万円の価値を持ちます。

私たちがどんなに汚れていたり特徴がある1万円を使おうが、それが本物1万円札であれば問題なく使うことができます。

ICOや通貨のようにトークンを扱う場合はこちらでないと困ります。

一番大事な違いは「トークン同士が代替可能か?」という点です。

その他関連記事:

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com