かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

【Flutter】AdmobのAppIDをAndroidとiOSで分ける処理

この記事をシェアする

f:id:katonobo:20191017180242p:plain

Admob表示させる時にAndoroidとiOSでAppIDが違うので、それぞれ分けたい場合の処理のメモ。

「Admob Flutter」でヒットする記事だとこの処理がわからない

Google検索で、「Flutter Admob」で検索すると、FlutterでAdmobを設定する方法は以下の記事がわかりやすい。

[Flutter] AdMob を使ってバナー広告を表示する方法 │ Web備忘録

ただ、この記事だとテスト広告のAppIDが使われており、本番でAndroidとiOSを分けて広告を表示する設定ができない。

AndroidとiOSで分ける処理

以下の記事に処理方法が書いてある。

firebase – Flutter Admob AppIDはAndroidまたはiOSを使用しますか? - コードログ

ポイントは以下の2つ

  • 「dart:io」パッケージのimportを書く
  • FirebaseAdMob.instance.initialize(appId: appId)を条件分岐させる。
  FirebaseAdMob.instance.initialize(
    appId: Platform.isAndroid
        ? 'ca-app-pub-NNNNNNNNNNNNNNNN~NNNNNNNNNN'
        : 'ca-app-pub-MMMMMMMMMMMMMMMM~MMMMMMMMMM',
  );

 

 

 

Flutter モバイルアプリ開発バイブル

 

 

Android/iOSクロス開発フレームワーク Flutter入門

 

 

Flutter×Firebaseで始めるモバイルアプリ開発 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))