かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

Gitを学習したい入門者向けのおすすめ本【Git使い方入門|Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33】

この記事をシェアする

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉

プログラミングの世界に入ると「Git」という存在の大きさを知ります。

Gitは今やチーム開発では絶対に欠かせない技術で、プログラミング入門者でも学習ニーズが高いです。

今回はプログラミング初心者がGitを学習するのにおすすめの書籍を2冊紹介します。

Gitってなに?という方はこちら;

必ず遭遇する「Git」というキーワード

技術系のブログを読むと「このコードは『GitHub』にあげています。」「リポジトリがー」「プッシュしてー」「プルリク歓迎ー」と書かれており、リンクが貼ってあります。これは全部Gitに関する用語です。

ただ、あまりにもGitがプログラマーに当たり前になりすぎて説明が省かれるため、プログラミング初心者には一見難しい概念や技術のように感じてしまいます。

画面もコードが中心のため最初にとっつきにくいのもGitをなんとなく避けたくなる一因だと思います。

ただし、今はGitを使えない人はプロジェクトに加われないレベルなので、一回覚悟を決めて体系的に学習することをおすすめします。

ネットより書籍の方が体系的に学べて実は近道

Gitに関して、自信がある人はネットで調べるのも良いと思います。

ただし、わかりにくいんですよね。

私も最初はネットで検索して様々な記事を読みましたが、わかったようなわからないような。何かふわふわした感じのままになってしまいました。 

Gitの知識に関しては、概要を掴むだけなら半日もかからず読めちゃうすごくいい本があるので紹介します。(ちなみに、本書のおすすめするレベルは本当に初心者で「リポジトリってなに?」とか「GitとGitHubの違いがわからない!」などの人が対象です。)

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉

漫画でGitの知識が習得できるという内容です。アマゾンでも評価が高いです。

わかばちゃんが変な連中に翻弄されながらGitやSoucetreeなど、Gitに関する必要知識を習得すると言う内容です。

私自身はこちらの本より、後に紹介する「Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33」の方が合っていましたが、Gitのような普段ちょっと見慣れない概念に関して取り扱う場合は、絵で解説してくれるのはありがたいと思いました。文章を読むのが苦手な人はこの本一択です。

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33

 

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33

本書は、Gitに関する知識の整理と理解がすんなり頭に入ってきます。簡潔でわかりやすいです。

加えて図も見やすいです。図とシンプルで明快な説明が組み合わさり腑に落ちます。

専門用語に関しても丁寧に説明されているのでしっかりと頭に入ってきます。

読者の対象を完全に初心者に絞っているので説明の姿勢が全くブレておらず、知識が体系的に獲得できます。

書籍で理解したらあとは実践あるのみ

もし何かwebサービスをコードレベルで関わるならGitの知識は絶対必要になりますし、Gitの知識が曖昧なせいで引け目を感じたりモヤモヤした状態なら早急に解消した方が良いです。

もしあなたがGitの知識が必要だと思った時には、今回紹介した書籍で勉強することをおすすめします。

書籍で概要を掴んだあとは実際にGitをいじってみましょう。曖昧だった知識があっという間に整理されるはずです。