katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

Gitが全然わからない人におすすめな本

 プログラミングの世界に入ると、「Git」という存在の大きさを知ります。

 

技術系のブログを読むと

 

「このコードは『GitHub』にあげています。」

「リポジトリが〜」

 

と書かれており、リンクが貼ってあります。

 

そしてそのリンクに行くと、ネコの宇宙人みたいなロゴと、コードが書かれたファイルがズラァと並んでいるページに行きます。あれ、プログラマー向けのページって感じですよね。いきなりだと正直よくわからないです。

しかし、どうやらGitの知識は絶対必要で、避けては通れないなと直感します。

 

Gitに関してネットで調べるのもいいですが、結構わかりにくいんですよね。僕は最初ネットで検索して読んだんですが、わかったようなわからないような。何かふわふわした感じのままになってしまいました。

 

Gitの知識に関しては、概要を掴むだけなら半日もかからず読めちゃうすごくいい本があるので、紹介します。(ちなみに、本書のおすすめするレベルは本当に初心者で、「リポジトリってなに?」とか「GitとGitHubの違いがわからない!」などの人が対象です。)

 

 

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33

 

本書は、言葉の整理とその説明が素晴らしいです。図も見やすいですし、説明も簡潔でいて、専門用語に関しても丁寧に説明されているのですんなり頭に入ってきます。

読者の対象を完全に初心者に絞っているので説明の姿勢が全くブレておらず、知識が体系的に獲得できます。

正直、この一冊で大丈夫です。

 

 

ちなみに、同じように初心者に人気な本で、漫画形式で学べる本もあります。

 

 

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉

 

こちらは、漫画を読みながら、Gitの知識が習得できるという内容です。アマゾンでも評価が高いです。僕自身は、こちらの本より、最初に紹介した「Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33」の方が合っていましたが、内容的にはほぼ同じなので、文章を読むのが苦手な人はこちらが良いでしょう。

 

もし何かwebサービスをコードレベルで作ったり調べたりするならGitの知識は絶対必要になりますし、モヤモヤした状態は解消した方が良いです。もしあなたがGitの知識が必要だと思った時には、本などの知識がまとまった形の物で勉強することをおすすめします。