かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

レベルアップでグーグルアドセンスの関連コンテンツが解放された

この記事をシェアする

How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント (日経ビジネス人文庫)

私の朝の日課で、運営している各サイトのアナリティクスのデータや広告収入の数字を確認する時間があるんですが、グーグルアドセンスにこんなものが表示されていました。

f:id:katonobo:20190624080120p:plain

「関連コンテンツ」という言葉。

グーグル先生はこういったサイトの「最適化」案を良く表示してくれるのですが、今回の「関連コンテンツ」と言うのは初めて目にしました。

それを人は解放と呼ぶらしい

で、検索して調べて見たら、サイトの関連記事一覧をグーグルが表示してくれる機能だそうです。そこに広告もつけるよ、と。

関連コンテンツの概要 - AdSense ヘルプ

で、全然知らなかったんですが、この「関連コンテンツ」の機能は、ある程度のPV数を継続的に獲得していて、かつ記事数がちゃんとないと使えないそうです。

そのため、ブロガーはこの関連コンテンツを使えることを目指しており、使えるようになることを「解放」なんて呼んでいるみたいです。

なんかRPGゲームみたいで面白いです。ある程度経験値を稼がないと登場しない武器みたいですよね。グーグルに一定の基準を超えたブログだと思ってもらえたのは嬉しいです。

ちなみに、このブログでのアクセス数の対策(SEO対策ってやつ)は、以下の本を読んで書かれていたことを書かれるがまま実践しているだけです。

これからのSEO内部対策 本格講座

 

SEO対策については、私のようなブログ程度なら、この本一冊で十分なんじゃないかなって思います。

何万円もする教材とかすごい方法があるような宣伝も頻繁に目にしますが、私が調べた限り、グーグルのアルゴリズムの詳細は誰にもわかっておらず(グーグルの秘伝のタレですから当たり前です)、色々な事例やデータから当てずっぽうてやっているというレベルです。だったら、グーグルが提示しているルールを守った記事の書き方を覚えたり、大きな仕組みを理解してあとは自分で工夫していくほうが良いと言うのが私の結論です。

 

当ブログに設置しました

早速関連コンテンンツを設置しました。この関連コンテンツはユーザーに合わせておすすめ記事をカスタマイズしてくれるそうなので、皆さんもこのブログの他の興味がある記事に出会えるかもしれません。

しかし、もう1年以上もブログを書いていますが、この「関連コンテンンツ」は言葉すら聞いたことがありませんでした。知らないこと沢山あるなぁと思いました。