かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

広尾湯に行った感想【渋谷区広尾駅から徒歩1分の銭湯|和と洋の交わりがハイセンスな銭湯】

この記事をシェアする

広尾湯入り口

広尾にある銭湯「広尾湯」に行って来たので感想とレビューです。2017年にリニューアルした新しく綺麗な銭湯ですが、古き良き時代の銭湯スタイルを体現した風情ある外観と湯でした。

高級住宅街広尾の商店街にある正統派の銭湯

広尾湯は、日比谷線広尾駅から徒歩1分の所にある銭湯です。

広尾と言えば高級住宅街のイメージですが、広尾湯は商店街の中にあります。「廣尾湯」と書かれた看板と暖簾が目印です。

お店の入り口が商店街の雰囲気と馴染んでいるので見逃さないように注意が必要です。銭湯の隣はコインランドリーがあります。

2017年7月にリニューアルオープンしたばかりだということです。

サウナ・水風呂はなし

サウナーには残念な情報ですが、広尾湯はサウナと水風呂はついていません。広尾湯にあるのは42度前後のジャクジー風呂が2つです。浴槽の一つは深さ95センチと深めの水深が特徴です。

広尾湯は、地元の銭湯を突き詰めたような銭湯で、番台さんに靴箱のキーを預けてお金を払います。タオル・シャンプー等は設置されていないので、自分で持参するかレンタルと購入をします。

高い天井と広々とした洗い場

広尾湯の受付を済ました時に気づいたのですが、天井が高いです。2階くらいまでの高さがあります。その天井が脱衣所から洗い場まで繋がっており、開放感があります。入り口は狭めなのでこの天井の広さには驚きました。

私が入った時には上の窓が解放されていて、それがとても気持ちよかったです。

あと、体を洗うスペースがかなり余裕を持った作りでした。ゆったりと体が洗えます。

サウナと水風呂がないことから、サウナーはあまり広尾湯には来ていないようで、地元のお客さんが多い印象でした。

美しいタイル画

あと特徴的だったのが、壁の絵が美しいヨーロッパの風景のタイル画だったことです。これがとてもオシャレでした。絵は、湖畔に浮かべた船から岸の町並みを眺めるというような雰囲気の絵画で、優雅で贅沢な時間を演出してくれます。このタイル画が好きでこの銭湯に足を運ぶ人もいるんじゃないかなと思うほどでした。

銭湯という和のテイストに洋の装飾が見事にマッチしていて、この銭湯を設計した人のセンスの高さが伺い知れました。

湯船は立ちくらみを防ぐ設計

水深が深い湯船は珍しいなと思って入りましたが、入って感じのは、普通の銭湯の湯船より立ちくらみを防げる設計ではないかということです。

銭湯で良く起こる浴槽から出て起きる立ちくらみ(脳貧血)ですが、これは水圧で血流が圧迫された緊張状態から湯船を出たことで一気に血が回って起こる現象です。ただ、広尾湯の湯は温度も少し高めの設定ですし、立って入る、もしくは途中の段差に腰をおろして入るタイプで肩まで浸からない状態になります。

こうなると、そこまで長く湯船に浸からず、肩より下までしか湯に入らないため、結果として立ちくらみになりづらいようになっています。

この推測が正しいのかはわかりませんが、非常に良く考えられた作りのような気がしました。

高い天井の開放感と上品なおもてなしの湯で、贅沢な銭湯時間を過ごすことができました。

基本情報(料金・定休日)

【営業時間】

15〜24時

【定休日】

水曜日

【料金】

大人 ( 中学生以上 )460円

子供 ( 小学生以下 )180円  

レンタル フェイスタオル 50円   

レンタル バスタオル 100円  

お風呂セット フェイスタオル、石鹸 ・ シャンプー類 150円

アクセス

東京メトロ日比谷線「広尾」駅下車、徒歩1分

その他都内の銭湯レビュー:

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com