かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

個人開発とウェブエンジニアとして就職するために必要な技術は全く違う

この記事をシェアする

個人開発がやりたくなる本: クリエイター13人の実録エッセイ

個人開発で必要な技術と、エンジニアとして企業に就職するために必要なスキルが全く異なると思いました。

個人開発とエンジニアとして働くために必要な技術

「個人開発者」と「エンジニア」と「エンジニアになろうとしている初心者」で話題に上がる内容が異なります。

エンジニアが身につけるべき技術の項目で知らない知識が沢山出てきますし、個人開発で話題になる話がエンジニアではあまり広まらないなどあります。

個人開発とエンジニアが必要な技術や守備範囲を私の個人的なイメージでいうと、

  • 個人開発:守備範囲が開発、運営、宣伝ととにかく広く、全体には浅い
  • エンジニア:守備範囲は設計やコード周り。一つの技術に深い知識、チーム開発に必要なツールの理解、適応能力

技術的に一番大きな違いは、チームで作る?か個人で作るか?という部分です。

コード規約、GitやSlack、Dockerの知識はチーム開発においては最重要ポイントのようです。

「リーダブルコード」がエンジニアの読むべき本の上位に上がるのは、自分以外のエンジニアにも読みやすいコードを書かないといけないからです。

f:id:katonobo:20191011085710p:plain

積ん読ハウマッチで一位のリーダブルコード

積んでいる本の総額がわかる読書管理サービス | 積読ハウマッチ

 

一方、個人開発は全て自分で作るので、チーム開発に必要な知識や技術がそこまで重要ではありません。

個人開発では、とにかく完成することが第一なので、最新技術の話題がとても多いです。楽できる、早くできる技術に敏感な印象です。また、自分一人なので新しい技術を取り入れることもチーム開発に比べて簡単です。

個人開発ではFirebase、Vue、Reactなど新しい技術を使っているサービスを良く目にします。

全体的な守備範囲でいえば、個人開発は雑に言ってしまえば全てです。企画、設計、コーディング、保守、マーケティング、宣伝です。全部一人でやるので当たり前です。

一方、エンジニアは設計やコーディングなど、いわゆるエンジニアの範囲です。自分が使いたいからって新しい技術を取り入れることは簡単ではないし、チーム開発なので見やすいコードを書いたり、引き継ぎ、コメントなどがしっかりしないといけません。また、案件によって使われる技術が違うのでその知識を身につけたり深い知識が必要です。

ということで、エンジニアを仕事として目指す人と、自分が作りたいものがあって個人開発をしたいという人は身につける技術が変わってくるなぁという話でした。

関連記事:

www.katonobo.com

www.katonobo.com