katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

書評:集中力はいらない(森博嗣)

 

 

面白かったので紹介します。

 

集中力はいらない (SB新書)

 

著者はドラマにもなった小説「すべてがFになる (講談社文庫)」を書いた森博嗣です。

 

本書は、現代社会で、集中力がまるで全ての物事をうまくやるための魔法のように扱われている状況について疑問を呈しています。

 

ただ、本書の題名からイメージされるような、集中力を高めることが本当に大事なのか?集中力ってそもそも何だろうか?実は、物事をなすのに集中力は必要ないのだ、今の現代社会に物申す!…って感じでもないんですよね。淡々と書いています。こういう考え方もできますよっていう雰囲気です。そしてそこが僕が著者を好きなところです。

 

まず、集中力って何だろうかってところから始まります。自分は集中力って何だろうなんて考えたこともなかったから、そこからまず面白い。

そして、集中力が現在社会で褒め称えられるほどのものではなかった事が明らかにされます。結局、集中力っていうのは作業のミスをしない事にフォーカスしているのであって、ロボット的な作業に適した行動だとわかります。現代社会は機械やコンピューターがその作業を人間に変わってやるようになるため、実は今後の社会ではより人間的な思考、つまりアンチ集中力(本書では「分散」「発散」)の地位が上がるだろうという事です。

今の日本人って、集中力に関しては強迫観念が少なからずあると思います。昔から、日本人は真面目に一つのことに取り組むことが美徳でした。一つのことに集中することで、人生は成功できるという考えです。そして、この考えが合わないで悩んでいる人もいるんじゃないでしょうか?

そんな人はぜひ本書を読んで、「集中力」という束縛から解放されて欲しいと思います。こんな人はぜひ読んで欲しいです。

 

・いろんなことに挑戦したいと考えている人

・一つのことに集中できない。それがコンプレックスの人

・すぐに飽きちゃう人

・リーダー的な職につく人

・集中力に対して、常に良いものだと考えている人

 

本を読むことは、様々な視点を知ることができる簡単な方法です。本書を読めば、どれだけ私たちが「集中」的な思考に囚われているかがわかり、肩の力が抜けることで、少し人生を生きやすくなると思います。

 

本書も一気に読む必要はありません。リラックスして読めます。「集中力」は必要ないのですから。

 

【森博嗣の過去の書評はこちら】

 

www.katonobo.com