かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

筒井美希「なるほどデザイン」でWebサイトのデザインを学ぶ

この記事をシェアする

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

Webウェブサービスでデザインが大事な要素だと思ったので、筒井美希の「なるほどデザイン」を買って勉強しました。この記事はそのレビューと感想です。

デザイン初心者のための教科書

Webサイトを開発していていつもデザインに悩みます。

見た目が悪かったり古臭いデザインだと「このサイト大丈夫なのかな?」とユーザーに不安を与えてしまいます。

そのため、Webサイトは動くだけではなくデザインもしっかりしたレベルにしないといけません。

極端なことを言えば、ユーザーの目に入るのはデザインだけです。ウェブサービスにとっては、デザインが営業の部分を多くを担います。

私は、Webデザインどころか一般的なデザインについて勉強をした事がなかったのでシンプルで初心者でも理解できるデザインの参考書を探す必要がありました。

ウェブサービスのためのデザインというより、デザインの基礎的な考え方が学べる本です。

筒井美希の「なるほどデザイン」

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

この「なるほどデザイン」が分かりやすくて勉強になりました。

第一に、図や写真がふんだんに使われていて、読んでいて楽しいです。

一日で一通り読めてしまいます。

まさにデザインの初心者にうってつけです。

チャプター1で、どのようにデザインの方向性を決めるのかを教えてくれます。

そしてチェプター2で、デザインを行う上で注目するポイントを「デザイナーの7つ道具」という形で紹介しています。

随所にいいデザインと悪いデザインの「対比」がされていて「ここに注目して変えるだけでこんなに印象が変わるんだ!」とデザインの威力を実感します。

私が印象に残っているのが「考え抜いたらデザインが向こうからやってきてくれる」という表現が何度か出てきたことです。

「内容のことを考え抜いて作っていたら、勝手にデザインはこうなっていました。」というのが理想のアプローチだと思います。

p.125

この表現を読んで、まさかそんなことってあるのかな?と驚きました。

しかし、もしそんな感情になったら、それは伝えたい内容とデザインがまさにリンクした状態なので、すごく興奮するだろうし面白いだろうなと思いました。

個人開発のWebサービスは作品であり製品である

もちろん「自分がこうしたいから、こういうデザインにする」というアプローチもあると思います。

それは多くのユーザーを魅了する作品になり得えますが、ユーザーにストレスなく使ってもらえるようなデザインの作品を作る場合のアプローチとは少しずれていると思います。

「どんな人たちがこの製品を使うのか?」「ユーザーが一番大切にしていることはなんだろうか?」「どうやったら想いが伝わるだろうか?」と、相手の立場に立った製品にしたいと自分は思いました。

つまり、私が作るWebサービスは、「作品」であると同時に「製品」であって欲しいと思いました。

この本を読んだ後にインスタグラムやツイッターのアプリの構成を見ましたが、ユーザーのことを考えて作られた作品だなぁと気づかされました。

ツイッターもインスタグラムもユーザーの投稿作品が主役なので、それに注目が集まるように簡単に探せるように考え抜かれた設計になっています。

デザインの勉強を始めたけど、どんな本がいいのかわからない方がいたら、この「なるほどデザイン」をおすすめしたいと思います。

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

関連記事: 

www.katonobo.com

www.katonobo.com