かとのぼのマイコード・マイライフ

個人開発者かとのぼのプログラミングと雑談のブログです。たまに読書と銭湯も

プログラミング初心者の学習は最初フレームワークを使わないようにしよう

f:id:katonobo:20190906100004j:plain

フレームワークはプログラミング初心者にも身近な存在

プログラミング言語の学習を始めると「フレームワーク」というワードを聞くはずです。

最初に耳にするフレームワークは、「Ruby on Rails」「CakePHP」「Laravel」などでしょう。

特に「Ruby on Rails」はプログラミングスクールの教材になっていたりスタートアップ企業が採用している場合が多いですね。

 フレームワーク自体は素晴らしい仕組みです。ただし、初心者が前提知識なしでいきなり学習するのはおすすめできません。

フレームワークの詳しい記事はこちら:

www.katonobo.com

このエラーはフレームワーク?それとも違う問題?

いきなりフレームワークを使ってWebサービスを作ろうとすると、チュートリアル通りに作ることはできても、オリジナルのWebサービスへの応用が全くできないことに気づくと思います。

なぜなら、フレームワークはまずその言語のルールに加え、フレームワーク独自の記述の仕方が多く存在します。この独自のルールが元となるプログラミング言語の基本知識がないと区別がつきません。

区別がつかないと、エラーが出た場合などに原因がプログラミング言語側の領域なのか、フレームワーク側の領域なのかわからずにエラーの解決ができません。

フレームワーク通りに作ればアプリはできます。ただし、そこから自分の作りたいWebサービスを作るための山が急になってしまうのです。

ですから、一見ゴールに対して遠回りに思えるかもしれませんが初めて言語を勉強するときは、フレームワークを使わないで一から何か作ってみることをおすすめします。

イチから全て開発する「スクラッチ開発」

「フレームワーク」や「ライブラリ」を使わずに、自分でイチからコードを組んで開発することを「スクラッチ開発」と呼びます。

プログラミング初心者はこの「スクラッチ開発」を一度で良いので体験することを強くおすすめします。

理由は「スクラッチ開発」がプログラミング技術や知識のレベルアップ効果が高いからです。

スクラッチ開発は、徒歩で街を歩くことに似ています。逆にフレームワークは自動車です。目的に早く着くのは自動車ですが、目的地に向かうまでの土地勘は徒歩の方が身につきます。 

一度徒歩で歩いて土地勘を身につければ、あとは自動車を使っても迷うことはないと言うわけです。

これが私がスクラッチ開発を推奨する理由です。

おすすめのスクラッチ開発の本

実は、スクラッチ開発が体験できる書籍は少ないです。初心者向けの本だと言ってもフレームワークやライブラリを使っています。

私が知っているスクラッチ開発の本で推奨したいのはPHP言語で、以下の2冊です。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

気づけばプロ並みPHP 改訂版--ゼロから作れる人になる!

この2冊はつながっています。まずは「いきなりはじめるPHP」で学習し、次に「気づけばプロ並みPHP」で学びましょう。

この2冊を学習すれば、Webサービスの基本的な知識がしっかり身につきます。

フレームワークは便利な技術ですが、ちょっと使うのを我慢して一度騙されたと思って「スクラッチ開発」を体験してみてください。

その他プログラミング初心者向け記事:

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com