katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

レゴブロックとプログラミング

最近ずっとプログラミングをしていますが、自分の中で、プログラミングはレゴブロックで何かを作っている感覚に似ているなぁと思ってます。

 

レゴブロックは、ブロックを組み立てて、車だったり、お城だったりを作るおもちゃです。

プログラミングも(僕のプログラミングのレベルでは何かを一から作る力はないので)フレームワークだったり、先人達のコードを参考にさせてもらいながら作っていきます。

要するに、プログラミングも、コンポーネント(部品)は最高の品揃えがすでになされているので、あとはそれを組み立てる力の方が重要だということです。

おそらく以前は違っていたと思いますが、現代は天才達がそのような部品を作ってくれており、プログラミングで何かを作るというハードルは圧倒的に下がっていると思います。

もちろん、次のレベルになると自分で部品を作る必要が出てくるのですが、何かを作るというレベルなら必要はないと言っていいと思います。

プログラミングは、入門者が挫折をしやすい部類の趣味だと思いますが、一旦その関門を突破してしまえば、かなり応用だったり、何かを生み出すということに関してのハードルは低くなると思います。

つまり、これはチャンスだということです。

部品の使い方を覚えることができれば、あとは企画力だったり、構成力だったり、マーケティング力が重要になってくるので、IT業界以外の人も十分に大ヒットを生み出せる可能性が高いと思うのです。

今は勉強するのもお金がかからない時代です。お金はほとんどかからないで、もしかしたら作った作品が大ヒットするかもしれません。やらない手はないと思います!

さあ、みんなプログラミングをしよう!

 

 

過去の記事はこちら

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com