かとのぼのマイコード・マイライフ

個人開発者かとのぼのプログラミングと雑談のブログです。たまに読書と銭湯も

PythonでビットコインのAPIデータを利用する

みんなのPython 第4版

仮想通貨の取引所はAPIを提供しています。このAPIとPythonを使えば、様々な分析が行えます。今回はPoloniexのAPIを使いPytonでビットコインのデータを分析します。

Pyhonでビットコインのデータを扱う

qiita.com

Poloniexとは、海外の仮想通貨取引所です。

このPoloniexのAPIを使ってデータ分析ができます。

上記リンクでは、重回帰分析とか、機械学習までやっていますが、とりあえずはデータの取得とグラフ化までやってみました。

詳細は上記記事をご覧ください。

 

f:id:katonobo:20170804204335p:plain

 

表が簡単に出せました。

 

f:id:katonobo:20170804204344p:plain

 

グラフもこんな簡単なスクリプトで表せます。

 

f:id:katonobo:20170804204350p:plain

これは、出来高をグラフ化しました。

 

感想

pythonすごいです!記事わかりやすいです。

学生時代に統計とデータ分析をやってましたが、当時はこんなに簡単じゃなかったです。

 仮想通貨の取引所のAPIもかなり良い感じみたいです。データを集めるのが面倒なので、これは助かります。

 

時系列データを扱う難しさ

上記のブログでも紹介されてますが、時系列データの分析はかなり面倒です。

多重共線性(Multicollinearity,マルチコとか呼んでました)があるからです。データ同士が影響し合い、いい結果がでたとか喜んでるとこれが結構引っかかります。

 

つまずいたところ

基本的になかったですが、

qiita.com

この記事の、各種ライブラリーのインストールの部分で、

Chainerのインストール
$ pip3 install chainer

だけインストールできませんでした。

これは、sudoをつけてインストールしたら解決しました。

$ sudo pip3 insatall chainer

次はボリンジャーバンドを出してみます。

キカガクという会社が記事を書いていた

このブログの方、キカガクという会社の社長さんなんですね。

www.kikagaku.co.jp

 

人工知能、機械学習の教育コンサルティングの会社とのことですが、ブログの記事も本当にわかりやすくて、初心者に優しくて素晴らしいと思いました。

人工知能とか機械学習ってニーズは間違いなくあるけど、少しでもデータの取り扱い間違えたりすると結果が台無しになっちゃったりするし、学習コストはすごく高い分野だと思うので、こういった会社は今後必要とされるだろうなぁと思いました。

 

いちばんやさしい Python入門教室

 

次の記事: 

www.katonobo.com