かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

サウナは本当にダイエット効果があるのか?【週4で通っている私の実体験から】

この記事をシェアする

f:id:katonobo:20190301201950j:plain

サウナが若い人の間で流行してます。昔は銭湯とかサウナって「おじさんが行く場所」と言うイメージが強かったんですが、今は新宿にあるテルマー湯だったり、おしゃれなスーパー銭湯が沢山あって、若い男性はもちろん女性にも人気があり、手頃な値段で岩盤浴ができたり、スチームサウナがあったりと美容やダイエット目的でも利用されてます。

さて、今日のテーマですが、サウナは実際にダイエットに効果があるのか?ということについて書きたいと思います。この記事を書く理由は、私のブログに時々このキーワードで訪れている方がいるからです。ですが、今までそういった記事は書いておらず無駄足をさせてしまっているので、個人的な実体験に基づく見解をまとめておこうと思いました。

私は銭湯とサウナが大好きで平均週4日は通っています。なので自分の体験ベースですが、自分の体の変化をみて、どうだったかをお伝えしたいとおもいます。

ダイエット目的のサウナは?

個人的な実感ですが、ダイエットが目的でサウナに入っても、思っている効果は得られないと思います。少なくとも私の場合はダイエットの効果があるようには感じていません。暑くて汗をかいているので、運動して汗をかくよりエネルギーは使っていませんし、サウナで汗をかくことで代謝が上がり痩せるという主張も一部見ましたが、たとえサウナに入っている時は代謝が上がっても、基礎代謝が上がるような顕著な差が現れない以上、持続する効果があるとは思えません。

ですので、ダイエット目的でのサウナは効果が薄いと思った方がいいと思います。

美容効果はある

一方、美容効果は間違いなくあると思います。ただしこれは、サウナと水風呂を交互に入る交互浴の時に効果が大きいです。

まず、交互浴の次の日は、顔のハリが全然違ってきます。女性だったら化粧のノリが全然違うと表現するのだと思います。日常で生活していると、顔にびっしょり汗をかくことって滅多にないですよね。細かいことはわからないですけど、一気に集中して顔に汗をかいた方が翌日に顔のハリが出るんだと思います。そう思うのは、同じ交互浴でも、湯船に入る場合より、サウナでの交互浴の方が翌日の顔の差が大きいからです。サウナがもっとも顔に汗をかける簡単な方法だと思います。

また、体全体のスッキリ具合も全然違います。交互浴の翌日に明らかにわかりますが、体重は前日とほとんど変わらないのに、体のむくみが取れて一回りか、ふた回り体が引き締まっています。これは単純に血の巡りがよくなって体のむくみが取れるからだと思います。もしサウナに入ったら、次の日朝起きた時に裸になって体全体を鏡で写してみてください。その差がはっきりわかると思います。

結論

ダイエット目的で痩せるためにサウナに入っても効果は薄く体重は落ちないが、美容目的としては次の日の顔のむくみやお腹周りのむくみは解消されて見た目でわかるくらいにスッキリする。

と言うことになります。

体のむくみをとったり、睡眠の質がよくなったりの効果はあるので、体と精神のメンテナンス目的で利用するのがサウナとの付き合い方ではベストだと思います。

ぜひ参考にして見てください。

 

過去記事: 

www.katonobo.com