katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

サウナで睡眠の質を上げる【交互浴でぐっすり寝よう】

f:id:katonobo:20180806065007p:plain

睡眠に悩まされている人は多いと思いますが、そんな人には交互浴がオススメです。

交互浴が自律神経を整える

交互浴とは、サウナ(もしくはお湯)と、水風呂を交互に入ることを言います。

「サウナ→水風呂」を3〜5セットほど繰り返すと、悟りを開いたような境地(ディープリラクシング状態)になります。これはどうやら普段の乱れていた自律神経が整った状態のようで、そのためサウナ好きは「整った」などと表現します。ちなみ結構体の負担は大きいと思うので、体が弱い人は避けてください。

 

サウナに入ると睡眠が深くなり眠れる

実際にやっていただくとわかりますが、サウナ(交互浴)をした日の睡眠は明らかに深くなります。そして次の日に起きた時のスッキリ具合が全然違います。これは本当に感動します。

睡眠が深くなる理由はいくつかあります。まず、交互浴は疲れます。サウナでリラックス状態になったところから一気に水風呂で緊張状態にするという行為をなんども繰り返すのだから同然です。心地よい疲労感が、安眠へ誘います。また、サウナによって血の巡りが良くなるので、疲労回復も早くなります。体が睡眠に集中できる環境が整うのです。

水風呂が設置されている銭湯を探そう

インターネットで検索して貰えば、自分の家の近くの銭湯が検索できると思います。その中に銭湯の設備情報があると思います。そこに水風呂があるかどうかを調べてください。水風呂があれば、サウナがなくても交互浴はできます。

また、リニューアルしていたり、設備が新しいキレイな銭湯をオススメします。設備が新しいところの方が何かと安心して入浴できるので、リラックスがしやすくなります。

デスクワークや肩こりが辛い人にはサウナでなくお風呂の交互浴がオススメ

交互浴を何度か繰り返していると、途中から体の筋肉が豆腐みたいに柔らかくなります。普段、自分で意識して体の力を抜くのって大変です。肩がカチカチに凝ると、ほぐすのが大変ですが、お風呂のような水の中なら重力の負担が減るので、体の力が抜きやすいのです。また、あったかいお湯に浸かることで体全体がリラックスモードに入りますし、血行が良くなるので疲れた筋肉が回復します。そのため、デスクワークなど同じ姿勢で長時間いるような人は特に交互浴はオススメです。プログラマとかはぴったりじゃないでしょうか。

一度騙されたと思って、交互浴を是非やってみてください。睡眠の質をあげましょう。