katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

格安SIMは固定費節約の第一歩だよって話

f:id:katonobo:20180530171952j:plain

先日、いつもの美容院に行ったんですが、とても驚いたことがありました。

カットを担当してくれているお姉さんといつものように話をしていたら、携帯代が1万円以上かかっているとのことでした。

 

今時そんなに通信費払っている人がいるとは…。

 

最初、家のネット回線が含まれているんじゃないのかと思って聞いてみたら、それを含めるともっとかかると言っていました。

 

僕は携帯料金プラン見直しと、格安スマホの存在を教えてあげました。

 

お姉さんは喜んでくれて、早速見直すと言っていましたが、こんな話は自分の周りでは全然聞かないと言っていたので、知らない人は本当に知らないのだなぁと思いました(自分の周りはほとんど格安スマホ)。

損していることに気づかないのは怖いなと思います。なので今回の記事を書いておこうと思いました。

 

節約の基本は「固定費」を抑えること

katonobo's blogを読んでくださっている方は、基本的にパソコンに詳しい、もしくはバックパッカーなど、いい意味で料金に細かい人が多いと思うのでご存知だと思うんですが、固定費の中で「通信費」は絶対に抑えないといけないところです。スマホを使うならSIMフリーに変更、もしくは料金体系の見直しはしないといけません。

(実は、僕はファイナンシャルプランナーの資格も持っているので、節約とかについては結構うるさいのです。)

 

お金を節約するときに、食事代やジュース代など、毎日の出費をどうやって削ろうかと悩む人は多いですが、このような日頃の生活によってかかる出費は「変動費」と呼ばれ、努力の割に意外に削れません。

 

私たちが一番に気をつけなくてはいけないのが、毎月一定してかかる「固定費」の方です。一番わかりやすいのが「家賃」ですね。家賃は毎月8万円とか決まった金額がかかります。この「固定費」は大きい割に見直しをしない人がいます。

固定費として一般的に挙げると、家賃、車の維持費、通信費、生命保険料、教育費、公共料金などです。

上記からわかるように、生活にはどうしても欠かせない費用ですが、生命保険と通信費は比較的簡単に見直しや節約ができます。

 

最初は大手キャリアしか選べなかった。

ソフトバンクがiPhoneを販売してから、スマホが爆発的に普及しました。その後にアンドロイド携帯が普及し、スマホ以前の携帯は「ガラケー」などと呼ばれるようになりました。

この時は、スマホは、ドコモ、KDDI、ソフトバンクのどこかで契約するしかありませんでした。

 

覚えている方も多いと思いますが、ガラケーからスマホに変えたときに毎月かかる通信費が上がったと思います。

 

この三つ巴の争いの中、各社はSIMロックという方法でユーザーを囲っていました

SIMロックとは、他の会社のSIMカードを使えなくする方法です。

 

普通のスマホには、スマホ本体があり、そこにSIMカードと言う小さな通信チップを差し込むことで動きますが、実はこのSIMカードは本来なら取り外しができるのです。しかし、そうなるとせっかく自分のところで契約してもらったのに、本体だけ取られて他の携帯会社に顧客を取られる可能性があります。

 

そこで各社SIMロックをすることで、顧客を囲い込んでいました。

しかしこれは顧客目線の行為ではないと、SIMロックを禁止することになり「SIMを解放する」すなわちSIMフリーとなったのです。

 

SIMフリーにより、格安スマホが登場した。

SIMフリーになったことで、携帯業界に様々な会社が、安い通信プランで参入してきました。これが格安スマホの正体です。(と言っても、このような会社は大手に通信インフラを間借りさせてもらっていることが多いのですが)

 

僕も1〜2年前くらいに、2年縛りが終わったタイミングで格安SIMに変えました。

その当時は、スムーズな解約方法や、どこの会社の格安スマホが一番安いのかなど、相当調べ上げました。調べたことがある方はわかると思いますが、本当にわかりにくいですよね。

久しぶりに調べてみましたが、わかりにくさは今も変わりません。わかりにくさで顧客の離脱を防ぐ方法は僕は好きになれません。

 

僕がその当時ベストだと選択したのが、「DMMモバイル」です。

 

DMMモバイル

 

今現在もしかしたらDMMモバイルよりベストなチョイスがあるのかもしれませんがそこまで変わらないと思います。

 

料金プランが多いので一見悩みますが、実はシンプル。

まずは、スマホは普通一台しか持たないはずなので、電話ができる「通話対応SIM」をチョイス。

そして「GB」ですが、家にモバイル端末がある人なら「3GB」くらいでいいと思います。僕が購入して使っているのが、この通話対応で「3GB」のプランです。

5月30日現在で、基本料金1500円ですね。

(ちなみに調べたところ、僕の4月の通信費は1,946円でした。通話もしているので)

 

格安SIMを使う前は8,000円くらいかかっていたので、変更した当初は本当に感動しました。

固定費の節約のいい点は、変更するまではそれなりのエネルギーがいるけれど、一回変更してしまえばずっと節約できるということです。これは大きいです。

 

自分である程度問題が起きたとき解決する力がないとお勧めできない

お勧めできない人は、なんでも人に聞かないと気が済まない人です。大手携帯会社はあちこちに店舗があるのでそこに出向けば質問できますが、格安SIMは店舗がありません。

この「DMMモバイル」のSIMカードを僕が購入したときは、注文は全てインターネットで完結し、SIMも郵送されてきました。

それが僕にとっては便利そのものだったんですが、こう言うのが嫌な人はちょっとお勧めできないです。

なんか随時競争し合ってるようなので、各社見比べてもいいかも

いろんなサイトでキャンペーンや紹介があると思うので、色々見比べていいと思います。

あと、自分のスマホがSIMフリー端末かどうかはチェックしてください。SIMフリースマホじゃない場合は新しいスマホ端末を買わないといけないですから。

 

あと、DMMモバイルだと「DMMポイント」がもらえるんですが、僕は全然使わないので、いつもポイントが失効していますw

DMMの他のサービス使っている人にはお得かと思います。

 

【PR】 

 

【DMMモバイル】業界最安値水準

 

【PR】