かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

海外旅行(バックパッカー)におすすめのミラーレス一眼レフカメラとレンズを教える

この記事をシェアする

この記事は、カメラは全然わからないけど、海外旅行で一人旅やバックパッカーで行くときに素敵な写真を撮りたいと思ってミラーレス一眼レフカメラを探している人のために書きました。

海外旅行(バックパッカー)におすすめなカメラはミラーレス一眼レフとパンケーキレンズの組み合わせ

私はバックパッカーで海外を旅行するのが好きで、リュック1つ背負っていろんな国を回っています。バックパッカーでの旅行では、日本では絶対に見ることのできない景色や人との出会い貴重な経験ができます。

そんな旅行でいつも悩んでいたのが写真でした。

私は旅行の醍醐味である人生で一度しかない素敵な瞬間や風景をなんとか綺麗な写真として残したいと思っていました。

今はiPhoneのカメラ機能が優れているため、普通の記念写真程度なら問題ありません。

ただ、せっかくだからプロが撮るようなかっこいい写真も撮りたい!と思っていました。

また、パックパッカーは身軽さが一番です。大きくて重い、かさばるようなカメラは論外でした。 

軽くて、カメラの知識がなくてもプロっぽい写真が撮れる。私の求めるカメラの条件をまとめるとこうです。

  • プロっぽい写真が撮れること
  • カメラの知識は無くても大丈夫
  • 軽さ、コンパクトさ重視

結論から書くと、この条件を満たしてくれたカメラとレンズが

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット ブラック

Panasonic 単焦点レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 20mm/F1.7 II ASPH. ブラック H-H020A-K

です。

この組み合わせはカメラ知識がない海外旅行(バックパッカー)の人に特化したカメラです。

ここからは、なぜこのカメラとレンズの組み合わせがおすすめなのか紹介します。

海外旅行ではどのメーカーのミラーレス一眼レフカメラがおすすめ?

人によってプロっぽい写真の考えはそれぞれありますが、私の場合はなんか後ろがぼやけていて一つの被写体にフォーカスされたかっこいい感じの写真です。

それは例えばこんな写真です。

f:id:katonobo:20180426052656j:plain

f:id:katonobo:20180426052728j:plainf:id:katonobo:20180426052632j:plain

この写真はキューバに海外旅行に行ったときの写真です。 

もしあなたがまだ一眼レフカメラ持っておらず、一眼レフならだいたいこんな写真が撮れるだろうと思っているなら間違いです。

私が実際そうでした。しかし実際お店やアマゾンで売っている入門セット(レンズキット)のようなものでは、このような写真は撮れません。

実は一眼レフカメラでもっとも大事なのはレンズです。

つまり、カメラは本体ではなくレンズの選択によって写真の結果が変わります。

入門のレンズキットでは、一つの被写体にしっかりフォーカスし周りをぼやかすような写真は撮るのが難しいため、私のような素人ではスマホで撮った写真と違いがないような結果になってしまいます。

レンズが大事だということを知らなかったことが、最初に私がカメラ選びで失敗した理由でした。

つまり、もしプロっぽい写真を撮るために購入するならカメラ本体に加えて適切なレンズをチョイスする必要があるのです。

パンケーキレンズ+ミラーレス一眼カメラ=旅行に最適

さて、プロっぽい写真を撮るためには、カメラ本体に加えて、撮りたい写真に合わせてレンズをチョイスする必要があることがわかってもらえたと思います。

「ちょっと待って、カメラの知識はないから選べないし、そこまで本格的にカメラをやる予定ないよ!」と心配な方もいるかもしれませんが、安心してください。

特定のミラーレス一眼レフカメラとパンケーキレンズの組み合わせに特化させることで、カメラの知識がなくても先ほど載せたような写真を撮れるようになります。

逆に言えば、ミラーレス一眼レフカメラの様々な機能や、様々なシチュエーションでいろんな写真が撮れることは捨てています。

なぜ海外旅行にはミラーレス一眼レフカメラか?

 おすすめの一眼レフカメラ本体とレンズの前に、ミラーレス一眼レフカメラの軽さとコンパクトさについても触れなくてはなりません。

まず、一眼レフとミラーレス一眼レフどっちがいいのかと迷っているなら、間違いなく「ミラーレス一眼レフ」です。 

ミラーレス一眼レフカメラの方が、一眼レフに比べコンパクトさ、軽さで圧倒的に有利です。 

次にどのメーカーのカメラ本体にするかですが、これは扱いやすく比較的にリーズナブルなカメラで良いでしょう。

ただし、レンズと組み合わせる時には、違うメーカー同士だとレンズが本体で使えない場合があるので注意が必要です。

レンズは実はこのプロっぽい写真を撮ることに特化する戦略にぴったりの薄くて軽いレンズがあるので、それ一つを旅行では持っていけば大丈夫です。

オリンパスのミラーレス一眼レフカメラとパナソニックのパンケーキレンズの組み合わせ

最初に書きましたが、軽くてコンパクトで海外旅行におすすめのミラーレス一眼レフカメラとレンズは、オリンパスのミラーレス一眼レフカメラとパナソニックのパンケーキレンズです。

 【カメラ】

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット ブラック

【レンズ】

 Panasonic 単焦点レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 20mm/F1.7 II ASPH. ブラック H-H020A-K

カメラ本体はオリンパスの「E-M10 MarkⅡ」で、レンズはパナソニックの「単焦点レンズ 20mm/F1.7」の組み合わせです。

お気付きのように、カメラ本体とレンズのメーカーが違います。

ですが、パナソニックのこのレンズはオリンパスの「MarkⅡ」で使うことができます。そして、この組み合わが相性バッチリなのです。

 

軽さもバッチリ!初心者が迷わず使えるカメラ 

まず本体の「E-M10 MarkⅡ」ですが、オリンパスのミラーレス一眼カメラのエントリーモデルとされています(といっても文句なしの高性能)。

ちなみに「MarkⅢ」という最新モデルもでていますが、今回の使う用途と使用者の腕、値段を考えると僕は「MarkⅡ」の方がいいと判断しています。

大きさは、119.5mm(W)×83.1mm(H)×46.7mm(D)

重量は電池、SDカードを加えて399g

コンパクトで軽いです。

見た目もかっこよく、洗練されています。

さらに、タッチパネルがついているため、ファインダーを覗く必要がありません。ピントを合わせたい時はその部分をタッチすればピントを合わせてくれます。

また、Wifiがついており、専用のアプリをダウンロードすればスマホにすぐ写真を送信できます。

レンズは薄くて軽い「単焦点レンズ 20mm/F1.7」

単焦点レンズとは、焦点距離が一つだけであることを意味します。つまり、このレンズではズームはできません。

そのため、撮りたい写真を撮るためには自分がそこまで動かなくてはなりません。

逆に言えば、自分が動いて撮ればいいのです。

さらにバックパッカーにとって優れているのが、レンズの薄さです。

今回紹介したレンズは他のレンズとは比べてとても薄いです。こういったレンズはパンケーキレンズと呼ばれています。薄くて見た目がパンケーキみたいだからです。

普通のレンズだと大きいため、カバンに入れるとかさばるのですが、このレンズなら本体につけたままでも全然かさばりません。

重量は100gです。

 

コンパクトに持ち運び楽々で海外旅行で素敵な写真を取ろう

 

カメラ本体は軽くてコンパクトで操作性もわかりやすいオリンパスの「MarkⅡ」、

それにパナソニックの「単焦点レンズ 20mm/F1.7」を組み合わせは他の一眼レフカメラと比べて軽くてかさばりません。

ズームができないことは欠点ですが、そういうズームが必要な写真はiPhoneを使えば良いのです。そこは割り切りましょう。

この組み合わせで実際に買って使ってもらえばわかりますが、暗い部屋でもしっかり撮れますし、写りが綺麗で、下手な写真を撮るリスクがグッと減ります

また、レンズがかさばらないため持ち運びも本当にしやすいです。

軽さはこだわっただけあり、カメラ本体とレンズを合わせても重量は499g、ペットボトル一本持ち歩くのと同じ重さです

私はこの組み合わせに出会ってから、写真を褒めてもらえたり、旅先で写真を撮るのがすごく楽しくなりました。

そしてもっと早くこの答えにたどり着ければ良かったのになと思っています。

この記事を最後まで読んでくれたあなたにも、ぜひ素敵な一人旅の写真を撮ってもらえれば嬉しいです。 

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット ブラック

 Panasonic 単焦点レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 20mm/F1.7 II ASPH. ブラック H-H020A-K