かとのぼのマイコード・マイライフ

エンジニア兼ウェブサービス開発者のプログラミングと雑記ブログ

プログラミングで必須な画面「コマンドライン」って?【Macのコマンドライン『ターミナル』を使ってみる】

コマンドー (吹替版)

プログラミングを始める時、まず「コマンドライン」という単語が出てきます。

今回は、プログラミングを始める時に絶対必要な知識「コマンドライン」についての解説記事です。

 コマンドラインとは?

「コマンドライン」とは、コンピュータにプログラミングで命令を行う為の画面のことです。Macでは「ターミナル」と呼びます。今までプログラミング経験がない方は触ったことはないと思いますが、このターミナルを使うことは避けては通れません。 最初は抵抗がありますが、すぐ慣れますので大丈夫です。

ちなみに、私がMacを使うため、本記事はMacのみでの解説となります。windowsの方は申し訳ありません。

コマンドラインの印象は怖い?文字だけの見慣れない画面

それでは実際に起動してみましょう。まずは「ターミナル」がどこにあるのか把握します。

「ターミナル」は、Finder > アプリケーション > ユーティリティの中に入っています。

f:id:katonobo:20190309085751p:plain

 

(ちなみに、「 > 」のマークは「この中に入ってるよ。」という意味で表示しています。この場合では、「Finder」の中の、「アプリケーション」の中の、「ユーティリティ」という場所に入っているよ。という意味です。)

探すのが面倒な方は実はデスクトップ画面右上にある「Spotlight検索」でも起動できます。「検索マーク」を押して、「terminal」と打ってみてください。

f:id:katonobo:20190309085824p:plain

(画像の虫眼鏡マークです)

ターミナルが起動すると何か不思議な文字が一行書かれてるだけの真っ白(もしくは真っ黒)な画面が出てきます。

f:id:katonobo:20190309085906p:plain

これが「ターミナル」です。 「なんか殺風景で怖いな…。」と感じた方もいるんじゃないでしょうか?

普段使ってるパソコンの機能と比べるとここから何をすればいいのか全然わからないですよね。

冒頭で説明したように、この「ターミナル」は、コマンド(命令)を入力しコンピューターにその指示を実行させるための画面です。そのため「コマンドライン」と呼びます。 ターミナルを起動することができれば、今回の記事の目的の半分は達成です。

ターミナルに書かれている文字を理解する

「ターミナル」に書かれている文字を理解すれば、ターミナルを恐る理由は全く無くなります。

皆さんの画面に、こんな感じの文字が書かれているはずです。(「○○○」は、伏せ字です。人によって異なります)

Last login: ○○(日時)

○○○○○MacBook:~ ○○○○○$

この文字は、ログインした日時、コンピュータ名と、現在パソコンのどこに今いるのかを示した情報になります。

○○○○○MacBook:

~ ○○○○○$は意味が別れており、

○○○○○MacBook:は、コンピュータ名です。

~ ○○○○○は、このターミナルが存在しているファイルの場所を示しています。正確には「ディレクトリ」と言います。

私たちは今、「○○○○○」というディレクトリ(ファイル)にいますよ。という意味です。 この「ディレクトリ」は後々重要になってきますので、意味をよく覚えておいてください。

ディレクトリは、「フォルダ」のことだと思って貰えば良いでしょう。

変なことしたらパソコン壊れたりしないの?

直接パソコンに指示を出すので、初めてコマンドラインを触る人には、変なことしたらパソコンが壊れてしまうんじゃないかと心配される方もいます。

結論から言うと、よっぽどのことがない限りパソコンは壊れたりしないので大丈夫です。

コマンドの文字を間違えても実行されなかったり、エラーが表示されるだけですので心配ありません。

また、プログラミングはエラーが出たり間違えてからスタートだと言っていいくらいエラーがでますので、どんどん間違ってください。

ターミナルで何かコマンドを入力してみよう

ターミナルが開けたので、実際に動かしてみてください。 操作は簡単でコマンドを入力するだけです。実行したいコマンドをターミナルに入力します。

 

自分が現在いるフォルダを示す場所を把握することは、ターミナルの扱いの第一歩です。なぜ第一歩かというと、何かプログラミングで指示を行うとき、自分の場所を記入する機会が非常に多いからです。

多くの場合、コンピュータに、「フォルダの位置はパソコンにここにあるから、この場所でコードを実行してくれ」と伝える必要があります。

現在の位置を調べるコマンドは

pwd

です。「pwd」は、「print working directory」の略です。

直訳すると「実行しているディレクトリの場所」という意味です。

「pwd」とターミナルに入力すると

 

/〇〇/〇〇〇〇/〇〇

 

といったような、「/(スラッシュ)」で区切られた結果が表示されたと思います。 この「/」が、フォルダの区切りです。なので例えば、

 

/katonobo/blog/termimal

 

などと言ったように表示された場合は、 現在「katonobo」フォルダの中の、「blog」フォルダの中に、「terminal」ファイルにいるんだ。という意味です。このことをパスと呼びます。 もちろん他にも沢山コマンドはありますが、今回の記事の目的は、ターミナルの開き方を覚えるのと、コマンドというものがあるということを知ってもらう為ですので、ここまで読み進められれば第一歩としては十分です。

 まとめ

ターミナルは普段の生活では使わない画面ですが、プログラミングをやる者にとっては必須の機能です。

慣れないうちは違和感があると思いますが、これから何かをパソコンに実行させる時に必要になりますので、是非覚えておいてください。

 

関連記事:

www.katonobo.com

www.katonobo.com

www.katonobo.com

 

下のはてなブックマークをしていただけると、より多くのプログラミング初心者の方にこの記事が届けられます。私もとても励みになりますので「ブックマークしても別に良いよ」という方は是非よろしくお願いいたします。