katonobo’s blog

プログラミング中心の雑記ブログ

Unityでスマホゲームを作りたい人のためのオススメ入門書3冊と学習動画【Unity入門】

Unityを使えば、個人でも簡単にミニゲームが作れます。

しかし、「簡単」というのは、「Unityを使わないで普通にゲームを作ることと比べて」であることに注意が必要です。

Unity自体は非常に覚えることも多く、直感的にすぐ扱えるようになるものではありません。しっかりUnity独自の機能やルールを覚える必要があります。

この記事では、個人でゲームを作ってみたい人向けに必読の入門書を3冊ご紹介します。

 

 Unityの教科書 Unity 2018完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座

 

Unityの教科書 Unity 2018完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

 

この本で学べること

・Unityとは何か

・Unityのインストール方法

・Unityの基本操作

・C#の基本知識

・サンプルを使っていくつかゲーム作成

 

これほどまでにUnity入門に最適な本は他にないでしょう。わかりやすいし丁寧。それでいて基本的に押さえておきたい知識をしっかり網羅してくれています。最新版になっているのも最高です。初心者はバージョンが違うと、自分でエラーを解決するのが大変だからです。もしこれからUnityを勉強しようと思っている人は、まずは本書から学習をスタートすることをオススメします。

 

UnityではじめるC# 基礎編 

 

UnityではじめるC 基礎編

 

この本で学べること

・Unityの基礎

・C#の基礎

・脱出ゲームの作り方

・物理パズルゲームの作り方

 

個人アプリゲーム開発の人たちの中で「和尚本」と呼ばれている、大変評価が高い入門書です。Unityの基礎を学んだ後は、とにかく多くのゲームのパターンを学習することがゲーム制作の幅を広げることになると思います。この本で、一時期人気だった脱出ゲームの作り方や、パズルゲームの作り方などをサンプルをなぞりながら覚えます。

 

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

 

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

 

この本で学ぶこと

・Unityの基礎

・放置ゲームの作り方

・クッキークラッカーの作り方

・横スクロールゲームの作り方

 

この本は先ほど紹介した「UnityではじめるC# 基礎編」の続編です。冒頭は似たような話ですが、今回の本では放置ゲーム、クッキークラッカー、横スクロールアクションのゲームを学習することができます。

初心者は、とにかく色々なゲームの仕組みに触れて、ゲームパターンの引き出しを増やすことが大事だと思います。

 

 

Master Unity By Building 6 Fully Featured Games From Scratch(動画)

 

 

f:id:katonobo:20180913073554p:plain

 

Master Unity By Building 6 Fully Featured Games From Scratch

 

この動画で学ぶこと

・いくつかのサンプルゲーム(下スクロールゲーム、フラッピーバードなど)

 

上記の3つ本を読んで、さらに様々なゲームを作ってみたい人には、このUdemyの動画をオススメします。注意していただきたいのは、この動画は英語であることと、少し古いバージョンだと言うことです。

講義の内容もぎっしり詰まっているので、興味があるミニゲームの項目を選択してやってみると良いと思います。僕はこの動画を参考に、フラッピーバードのようなゲームアプリを作り実際に公開しました。

入門で紹介した本に比べるとこの動画は難しいです。なので、自分の中では脱入門者向けの教材だと思っています。つまづいてしまったら、また基礎に戻ったり検索しながら学習を進めましょう。

ちなみにこの動画、標準価格だと2万円とかすごい高いので(動画時間が35時間なので、講師の労力を考えると実際それくらいするのかもしれないですね…)その時は買わないほうが良いです。

安心してください。Udemyは、何かとすぐセールをします。セール時には1600円とかになるので、本比べても安くなることが多いのでそのタイミングで買いましょう。

 

 

以上がオススメの書籍と動画になります。個人でスマホゲームを作るのって、実際やってみるとすごく大変なんですが、それ以上に楽しいです。ぜひ皆さんもオリジナルのゲームを作って、公開してみてください!