かとのぼのマイコード・マイライフ

ウェブサービス開発とプログラミングと雑記ブログ

サーバーとは?【プログラミング入門者向けサーバーの用語解説】

この記事ではサーバーの用語説明をしています。

サーバーとは?

プログラミングを学習する上でサーバーと言う単語は誰でも聞くはずです。しかし、検索して調べると以下のような難しい説明が出てきます。

コンピューター業界で言うサーバーとは、「クライアント」と呼ばれる他のプログラムまたはデバイス(端末)の要求に応じて情報や処理結果を返すコンピュータプログラムまたはデバイスのことです。このようなサーバーは、「クライアントサーバーモデル」と呼ばれます。

難しいですね。もっとわかりやすく説明します。

「クライアント」は日本語言うと「依頼者」です。「クライアント(依頼者)」は、サーバーに対して「このデータが欲しい」とか「このデータを保存して」などと様々な命令を行います。その命令を忠実に実行し返すのが「サーバー」です。

f:id:katonobo:20190323071105j:plain

典型的なサーバーの種類には、データベースサーバー、ファイルサーバー、メールサーバー、プリントサーバー、ウェブサーバー、ゲームサーバー、そしてアプリケーションサーバーがあります。 

サーバーは私たちの目に触れないが身近なもの

おさらいですが、サーバーとは、Serve(提供する)と言う意味です。つまりサーバーとは、要求に対してそれを提供する存在です。要求をする存在を「クライアント」、その要求に応じ提供する存在を「サーバー」と呼びます。

私たちはスマホで様々なサイトやアプリで遊んでいます。見ているサイトは私たちが操作してボタンをクリックしたりすると情報が更新されたりしますね。

この場合は、私たちが操作しているスマホやサイトが「クライアント」です。そして、その要求に応じてデータを返してくれたりデータを保存しているのが「サーバー」です。サーバーは私たちの目には触れませんが、データーセンターなどに保存され、大量なデータを保存管理しています。

プログラミング入門者がサーバーを使う時

プログラミングを学習する上で、サーバーは必ず使用するでしょう。

プログラミング入門者では、「PHP」「Ruby」「Ruby on Rails」「Java」「Python」のようなサーバーサイド言語を学習するときにサーバーに触れるはずです。

サーバー側で動くプログラミング言語を、「サーバーサイド言語」と言います。

サーバーサイド言語のPHPの説明はこちら

また、サーバー自体のデータを管理し整理することを「データベース言語」と言います。

データベース言語の説明はこちら

 

関連記事: