かとのぼのマイコード・マイライフ

ウェブサービス開発者のブログ

フロントエンドとは?【フロントエンドの用語解説】

f:id:katonobo:20190320100056j:plain

フロントエンドとは?

フロントエンド開発は、ウェブサイトまたはウェブアプリケーションで「HTML」「CSS」「JavaScript」を使用し、ユーザーがサイトを閲覧したり、サイト画面とのやり取りをできるようにする開発方法です。クライアントサイド開発とも呼ばれます。

一般的に「フロントエンド」の用語の使われ方では、ユーザーの目に見える部分の開発のことを指しています。

バックエンドとは?

フロントエンド開発と対になって使われる言葉が「バックエンド開発」です。

バックエンド開発とは、サーバー側の開発を行うことを指します。

フロントエンド側の開発を行うエンジニアを「フロントエンドエンジニア」、サーバー側の開発を行う人を「サーバーサイドエンジニア」や「バックエンドエンジニア」と呼びます。

f:id:katonobo:20190320100428j:plain

フロントエンド開発の難しい点

フロントエンド開発者で大変な点は、フロントエンドの技術は流行り廃りが早く、ウェブサイトのフロントエンドを作成するために使用される技術やツールが絶えず変化するため、フロントエンド開発者は最新情報や最新技術を絶えず更新していく必要があることです。 

フロントエンド開発の目的は、ユーザーに見やすい画面を設計することです。

しかし、ユーザーは様々な画面のスクリーンサイズでサイトを閲覧します。また異なるブラウザや、異なるオペレーティングシステムを使用しています。そのため、フロントエンドエンジニアは、様々なサイズの画面でもちゃんとサイトが見れるように設計する必要があります。

このように、フロントエンドエンジニアは複雑な設計と、最新の情報に精通する必要がある仕事です。