かとのぼのマイコード・マイライフ

プログラミング初心者とアプリの個人開発者向けのブログ。たまに銭湯

映画「イエスマン」を久しぶりに観たらやっぱり良いなって思った話

この記事をシェアする

イエスマン

アマゾンプライムに映画「イエスマン」があったので、すごく久しぶりに観たんですが、やっぱり良い映画だなぁと思ったのでそのことについて書きました。

自分の記事にしては珍しく、内容がネタバレしますので困る人は読まないようにお願いします。

映画「イエスマン」とは?

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(Yes Man)は、2008年にアメリカで製作されたコメディ映画である。監督はペイトン・リード。主演はジム・キャリー。この映画は2005年にイギリス人のダニー・ウォレスが自身の経験を元に執筆したYes Manという本に基づいている。

wikiにストーリーはかなり詳しく書いてあるので読んでいただく大体わかります。

 主人公カールは離婚をきっかけに何に対してもネガティブになってしまい、様々な選択をする場面で全てに「No」と断ってしまうようになります。

それがひょんなきっかけで人生を肯定して「イエスマン」になろうと言う怪しいセミナーに参加し、これまで断っていたスタンスから一転、全てに対して「イエス」と答える生活を送るようになります。

全てを「イエス」と答えるようになってから人生が素晴らしい方向に向かっていくが…と言うようなストーリーです。

主演はジムキャリー。ヒロインはズーイー・デシャネルというキュートな女性です。

全てを肯定する人生がもしあるなら?

私がこのコメディ映画が好きな理由は、主人公がイエスマンになってから、どんどん前向きになっていくところと、「何でも肯定的な意思をとると人生ってどうなるのだろう?」と時々私が想像することをまさにこの映画でやっているからです。

何にでも絶対イエスと答えるのは、実は主人公がそのセミナーに出席した時に勘違いした拡大解釈だったのですが、ここまで振り切ると今までの自分の人生とは全く違った結果になるのかもしれないなと素直に思えます。

何か新しいことに出会った時、否定的な意見がまず頭に浮かぶことって多いですよね?それが人生の楽しさだったり成長を阻害している可能性に気づかせてくれます。

とにかくまずは肯定的な姿勢でチャレンジする方が人生楽しくなると思います。

ヒロインの服装が個性的でキュート

ちなみに私はこの映画のヒロインのファッションがすごく好きなので、それも観ていて楽しいです。

特に主人公と目的地を決めずに行く旅行の時に着ている彼女のコートがとても好きです。インターネットで調べても皆んな気になっているようです。

とってもキュートで個性的なファッションと考え方のヒロインだから、普通なら付いていけないくらいのハイテンションになっている主人公とうまくマッチして、それがこの作品にすんなりとハマり込める要素にもなっていると思います。

f:id:katonobo:20190408105541p:plain

(銃を持ってもキュート)

自分に心の中にもイエスマンを置いておきたい

この映画を観終わって思うのは、自分の心にも常にイエスマンを置いておきたいなということです。

歳をとると新しいこととか、なかなか理解できない考え方に触れると否定的な言動をしてしまいがちになります。

けどそれって新しい考え方とか、チャンスとかをみすみす逃す行為だと思います。

「イエスマン」ほど全てを肯定する必要はありませんが、まず入り口は肯定的な発想で居たいなと思います。

 

今回はそんなことを思った話でした。

 

関連記事:

www.katonobo.com